1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

giganyankoさん

三本の矢

毛利元就は仲の悪い息子達を城によんだ
「お前達はなぜそんなに仲が悪いんだ
今日はおまえ達に結束がどれだけ大事か話をしてやろう。
まずこの一本の矢を折…やめろ!
いいか、まずこの一本の…や~め~ろ!

喧嘩をするんじゃないよまったく…
この一本っちょっやめろ!
この一…隆元やめなさい!
いいかい、いま大事な話を…ちょっおまっや~め~ろ!
とにかくこの一本のって、こら元春、矢で叩くじゃないよ!

隆景も泣くんじゃないよ。
いいかいこの一本の矢を…やめなさい
こらこらそっちの矢は触るじゃないよ、
父さんの話しを聴きなさっ ちょ やめなさい!
そっちの矢はまだ折るじゃないよ。
あっ こら や~め~ろ」

会話

A「ハゲの人カッコよくない?って言われたことある人いる?」

B「カッコいいとはいわれたことないなぁ。。

小学生に投石されたことはあるけど 」

C「俺も河童!って叫ばれながら小学生に石ぶつけられたことある 」

ABC「もうやめようぜ。涙が止まんねえから 」

校則

俺が中学生の時の話

「男子の髪は耳にかからない程度の短髪」と校則が変更された際には

モヒカン刈りで登校し

「制服スラックスのスリム・ドカン改造禁止」とされれば

'60年代テイストのパンタロン型に改造する

俺たちの世代最強のネタ小僧、S木という男がいた

そして3年生の春、身体検査が行なわれ

「男子はジャージを上下脱ぐこと」と連絡用プリントに明記されていた

その学校では男子は体育館でひとまとめに行なわれる

(女子はクラス別に保健室)のだが

俺たちのクラスを受け持つのは30代前半くらいの若い女医

スリムでなかなかの美人だった

行列に並びながら仲間と

「おい、たまんねーな」とふざけていると

にわかに体育館の後ろの方が 騒がしくなった

そしてそのざわめきは次第に大きくなり

1 2 3 4 5 6