1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

全ての女性が晒されている発がん性化学物質

ガソリン、ディーゼルなどの排気ガス
難燃剤
防汚加工が施された生地
塗料剥離剤
飲料水の消毒・殺菌の副産物
たばこの煙
食べ物の焦げ

避ける方法

車の排気ガスをなるべく避け、エンジンをかけっぱなしにしない。
料理をする時、換気を心がける。焦げ目の付いた食べ物をなるべく口に入れない。
発泡ポリウレタンで加工された家具や難熱剤が使用されたものを使わない
防汚加工が施された家具やファブリックを避ける。
ドライクリーニングを利用するならば、PERC(テトラクロロエチレン)溶剤が使用されているものを避ける。
原料や材料の中に化学物質が含まれている掃除用品を使用しない。

簡単な呼気検査によって初期の肺がんを検出できる可能性を、米ルイビル大学のMichael Bousamra氏らが報告した。

Bousamra氏らは、CTスキャンで疑わしい肺病変が検知された患者の呼気を検査し、がんに特異的な4つのカルボニル化合物について調べた。呼気サンプルの分析には、米ルイビル大学(ケンタッキー州)で開発された特殊な装置を使用した。

その結果、4つのカルボニル化合物のうち3つの値が高い場合、95%の確率で患者の肺がんを予測することができた。一方、いずれの物質の値も正常であれば、80%の確率で非がん性腫瘍であると予測できることがわかった。肺がん患者の上昇したカルボニル値は、手術でがんを取り除いた後は、正常に戻ったという。

悪い菌を減らして腸内環境を改善する効果があります。また、がん細胞などを攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させることがマウスの実験で確認されています。一方大豆のイソフラボンは、腸内細菌で代謝され、乳がん予防効果が高いと考えられているエコールという物質に変わります。乳酸菌シロタ株を一緒に摂ると、腸内環境のバランスがよくなり、大豆のがん予防効果が高まるようです」(大橋さん)
 どれだけ大豆イソフラボンを摂ればよいのかの線引きはできないが、今回の研究で上位4分の1の人の摂取量、1日40mg以上が目安になるという。これは、納豆1パックや、冷や奴3分の1丁程度だ。
「大豆や乳酸菌シロタ株を毎日しっかりと摂る食生活で、乳がんは予防が期待できます」(大橋さん)

将来がん細胞に変化する可能性のある悪性細胞は、おっぱいを揉んで刺激をすることで普通の細胞と同じ細胞分裂パターンに戻り、がん細胞にはなりにくくなるということ。

・乳癌の触診を奨励する動画で、お姉さんの ‟お胸” を使うと思いきや……
ネット上で話題となっている動画「#ManBoobs4Boobs」は、南米アルゼンチンの乳癌検診を支援するチャリティ団体 ‟MACMA” によって制作された。

まず、乳癌の触診の仕方を説明する動画に現れるのは、シャツのボタンを1つずつ外していく女性だ。そして、彼女がシャツを脱ぐと、両乳首がFacebookとInstagramのアイコンで隠されているではないか! というもの、YouTubeを含むSNSでは、女性の乳首やお胸を露わにすると検閲に引っかかってしまうため、見せることが出来ないからである。

・違うタイプの ‟お胸” が代打として登場!
だが、お胸のほとんどがアイコンで隠れてしまっているため、「この状態で触診の説明をされても、良く分からなのではないか……」と思っているところへ、女性のお胸の代打が登場!

なんと、かなり太目でCカップはありそうな男性が女性の前に立ちはだかり、そのプルプルと揺れる豊満なお胸を、惜しげもなくさらけ出したのである!! ちなみに、肥満体型な男性のお胸は、英語で「Man Boobs(Boobsは ‟お胸” を意味するスラング):マン・ブーブ」と呼ばれる。

・実際に ‟お胸” を使った説明は分かりやすい!

1