1. まとめトップ

今年こそ貯金をする!ストレスをためずに節約する方法

今年こそは!と思いつつなかなかお金が貯まらない。お金を貯めるにはいくつかのコツがいります。節約のしすぎは自分が辛くなってしまうので、今年はストレスをためずに貯金を成功させましょう!

更新日: 2013年01月07日

educatorさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 36054 view
お気に入り追加

今年こそは!と思いつつなかなかお金が貯まらない。
お金を貯めるにはいくつかのコツがいります。
節約のしすぎは自分が辛くなってしまうので、
今年はストレスをためずに貯金を成功させましょう!

目標を決める

車が欲しい、結婚、マイホーム購入など、具体的であればあるほど、貯金の意識は高まります。

節約を『ガマン』と思わずに『目標へと進む楽しさ』と感じることが重要。節約は生活のランクダウンではなく、よりランクアップするためにすることなんです」

何となく外食していたお金を自炊に変えて貯める。
そうすることで車のある、より豊かな生活が手に入るのです。
目標を決めことによって、自分の大切なものにお金を使うようになります。

だらだら使うのをやめる

のどが乾くたびに気軽にコンビニや、自動販売機でペットボトル入りの飲料を買っていないでしょうか。それをできるだけやめて、飲み物は自分で作って携帯マグなどに入れて持ち歩いてみましょう。

最近は節約と健康志向の高まりから、自分でお弁当を作る「弁当男子」も増えているとか。興味があればチャレンジしてもいいですね。

意外とばかにならないのが飲み物代と昼食代。
例えば朝コーヒーを買って、お昼も飲み物を買って、夕方眠気覚ましにコーヒーを買って・・・なんてしていると1日で500円以上飲み物にお金を使ってしまいます。
それだけでも1ヶ月で15000円。
お金を貯める目標が決まっていれば、飲み物に15000円もお金をかけるのは防ぎたい、という気持ちが出てきます。

お金をかけない幸せを見つける

数百円で利用できる市町村のスポーツ施設や長居できる落ち着いたカフェなどを探しておくこともおすすめです。

健康的な食事を自分で作ることが挙げられます。自炊をすれば1食200円前後で豪華なご飯を作ることができます。

探してみると近くに格安で利用できる施設があったりします。公共の施設というと汚い・古いイメージがありますが、最近はキレイになっているところも多くありますので、家の近くの施設を一度調べてみてはいかがでしょうか?

好きなことにはとことんお金を使う

必要性や価値を感じないものにはお金をかけず、自分を豊かにしてくれることには、喜んでお金を使うこと

スポーツに、飲食に、趣味に。自分の好きなことまで出来なくなってしまうと貯金が嫌になり、途中で投げ出してしまいかねません。
自分の好きなことにはお金を使い、必要ないところでダラダラ使わない。メリハリをつけましょう。

ファッションは靴・鞄にお金をかける

ハイブランドとロープライスのブランド、新しいものと古いものを上手く組み合わせて取り入れるということ。

「靴とバッグはいいものに投資すること」と提案しています。バッグに関しては、定番モノが強いブランドのものであれば年代がわかりにくいため、積極的に活用することをすすめています。

鞄、靴、コートなど高いお金を出して長く着られるものを買い、インナーなどはファストファッションで購入する。
意外なことに靴とバッグがきちんとしていれば、ファストファッションでもスタイリッシュに見えてしまいます。
そのほか財布なども毎年買い換えるのであれば少しお金を出していいものを買うほうがお得な場合も。

図書館を活用

最近の図書館は本以外にもCDやDVDなどを置いているところも多く、利用価値がさらにあがっています。

多くの場合、図書館を利用できるのは、その地区に在住の人か勤務している人という条件になります。勤務先のエリアの図書館も利用できるわけです。

最近の図書館は遅い時間まで開館しているところも多く、働いている人でも利用しやすくなっています。またインターネットを使って予約ができるサービスがある地域も。
本は買うと溜まってしまい、部屋の荷物が増える原因になります。何度も読み返したい本でなければ図書館を活用しましょう。

大切なのはメリハリ

ストレスは節約を続ける上での大敵です。無理をして節約をしても、ストレスが溜まると無駄遣いをしてしまう恐れが。

「メリハリ」消費のポイントは、満足度をコントロールするところにあります。

我慢しすぎることでストレスがたまり、使わなくてもいい所で無駄遣いをしてしまっては意味がありません。自分が楽しむこと、好きなことにはお金を使い、ストレスを貯めない様にしましょう。

関連まとめ

1





educatorさん

仕事に役立つ情報や、スキルアップにつながる情報をまとめていきます。