1. まとめトップ

神社のお札、不動尊(お寺)のお札の祀り方、方角、方向、位置

神社に初詣をしてお札を頂いて、お不動さんでお払いで護摩のお札を頂いてきました。いつも考えるのが、どこにお札をお祀りすれば良いか、です。毎回調べるのでまとめてみました。(毎年、年明けにアクセスがあがるまとめです^^)

更新日: 2019年01月16日

340 お気に入り 727405 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

神社仏閣は好きで、旅行先でも行きます。神棚のどこにお札をお祀りすれば良いか、毎回調べていたので、まとめました。

ニャオスさん

神社に初詣をしてお札を頂いて、お不動さんでお払いで護摩のお札を頂いてきました。いつも考えるのが、どこにお札をお祀りすれば良いか、です。

まず、「神社」と「不動尊」は違います。

仏壇は西方浄土家内和合という考えから
基本的には西に置き
東に向ける。
又は東に置き西を向ける。

神棚は、
北に置き南に向ける。
西において東に向け小吉
基本的には西北に置いて南向き大吉。

神棚と仏壇は必ず、離しておまつりする、
いろいろありますが、神棚仏壇を上下一列に、まつらないこと。
神棚、仏壇は向かいあわせにしない。

神棚が無ければ、神社のお札も寺院のお札も

頭より高い位置で

南向きあるいは東向き

にしてお札を立てかけます。

お札の下には半紙を敷いて常に周囲を含めて清潔にして静謐を保って下さい。
神社のお札と寺院のお札は重ねず、間を空けて祀ることになります。
神社神道は他宗排斥では無く、来るもの拒まずの姿勢ですから、
神棚に寺院のお札を一緒に祀ってもよいのです。

一度で宜しいのですが、不動明王様のお札に強く一心に祈り、「お不動様、お祀りする場所がこちらで申し訳ありませんが、なにとぞお許し下さい」と言葉に出してお詫び下さい。何れの神仏様も祀る環境においては寛容にお聞き届け下さいます。
ただし、向かい合わせで鏡、トイレ、玄関、神棚、仏壇、台所の流しに成らぬようにして下さい。

お札は、礼拝の対象ですが、不動明王様の本体は、私達の心に宿るのですから、祀る位置で悩むより、一心に祈る方が大事なのです。

「ノウマク サンマンダ バサラダン センダンマカロシャダ ソハタヤ ウンタラタ カンマン」の慈救咒を三回お唱えすれば良いのです。

仏壇がある場合、仏壇にお札を安置することに関しては賛否両論があるのが実情です。

神棚と仏壇を同じ部屋に祀る場合には、離してお祀りする事が大切です。
上下祀り、対立祀り(向かい合わせ)は、必ず避けることです。
神棚は、清らかな明るい場所に、仏壇は、家族がいつも集まる場所にお祀りする のが吉とされています。

1階に祀る場合には、神棚、仏壇の真上にあたる2階に、人が通行する廊下とか 、トイレなどの不浄物用途がない事も大切です。
上記以外の事で多生悪い条件であっても、毎朝真心こめて、仏壇については香燈 を献じて例は行くよう、神棚については献水をしての礼拝祈願をすることが大切です。
なお、吉方位の祀り場所については、間取り図にて判断する事が大切となります

マンションなどで、上の階に人が住んでいる場合には、天井に「天」「雲」と書いて貼るのが良いそうです。

■神棚の位置
明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。
また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。
■神棚の方向
部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。

お札にもいろいろ種類があるんやで♪紙のお札もあるし、木のお札もあるんよ。基本的に紙のお札は神棚に入れるんやけど、木のお札は高い棚におくんやで〜♪方角的には北に置いて南向けるとええよ♪

1