神棚と仏壇を同じ部屋に祀る場合には、離してお祀りする事が大切です。
上下祀り、対立祀り(向かい合わせ)は、必ず避けることです。
神棚は、清らかな明るい場所に、仏壇は、家族がいつも集まる場所にお祀りする のが吉とされています。

1階に祀る場合には、神棚、仏壇の真上にあたる2階に、人が通行する廊下とか 、トイレなどの不浄物用途がない事も大切です。
上記以外の事で多生悪い条件であっても、毎朝真心こめて、仏壇については香燈 を献じて例は行くよう、神棚については献水をしての礼拝祈願をすることが大切です。
なお、吉方位の祀り場所については、間取り図にて判断する事が大切となります

出典神棚と仏壇の方角

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

神社のお札、不動尊(お寺)のお札の祀り方、方角、方向、位置

神社に初詣をしてお札を頂いて、お不動さんでお払いで護摩のお札を頂いてきました。いつも考えるのが、どこにお札をお祀りすれば良いか、です。毎回調べるのでまとめてみました。(毎年、年明けにアクセスがあがるまとめです^^)

このまとめを見る