1. まとめトップ

【芸能】離婚成立の高嶋政伸が語る「悪女論」がガチすぎてすごい

泥沼の離婚裁判で美元さんとの離婚が成立した高嶋政伸さんが、出演するドラマの記者会見で久しぶりの公の場出演し「悪女論」を展開。その内容がガチですごいのでまとめました。経験者は語るというとこでしょうか…

更新日: 2013年01月10日

2 お気に入り 16117 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gogh555さん

離婚成立の高嶋政伸さんドラマの記者会見に出席

俳優の高嶋政伸(46)が7日、フジテレビ系ドラマ「サキ」の制作発表に出席

ドラマは仲間由紀恵さん演じる“悪女”のサキが男たちを破滅の道へ導くサスペンス

高嶋さんは、主演の仲間由紀恵(33)が扮する悪女に翻弄(ほんろう)される大病院の院長役で出演

昨年11月に元妻でモデルの美元(33)との離婚が成立後、初の公の場

会見でガチな「悪女論」を展開する高嶋さん

高嶋は、ストーリーにちなんで悪女の定義を聞かれると、まるで私怨(しえん)を込めたような熱弁

「ひと言で言うと、自分自身のことをみじんも悪女とは思ってない人が、悪女だと思います」

熱弁をふるう高嶋さん。やはり根底にはあの離婚劇が!?

さらに「自分は天使だと思ってる。人がどう思おうと終生変わらない、ブレませんね、正真正銘の悪女は!!」と妙にリアルな言い回しで補足して、悪女論を展開

続けて「悪女は好きですか?」とツッコまれると「前は好きだったけど、最近、ちょっとしんどいかなぁ」とぼやき節

離婚裁判時は「芸能生活をなげうってもいいから離婚したい」と発言していた高嶋さんだが…

離婚裁判中は「芸能生活をなげうってでも離婚したい」と主張。ストレスでの体調不良も取りざたされた

出典jisin.jp

メディアが注目する泥沼離婚裁判となってしいましたが…

報道陣が体調について尋ねると「大丈夫です。心機一転です」と右手でOKサインをつくり、会場を後にした

今後の高嶋さんの活動は?

高嶋政伸が、俳優業を本格的に復活。ただ、これで優雅な独身時代の生活に戻ることができるのか首を傾げる人もいる

離婚訴訟中はホテル住まいを強いられ、ヤマダ電機のCMを失うなどさんざんだった。約1億円あった貯金も底をついたという

離婚裁判で金銭的にもイメージ的にも傷ついた高嶋さん、以前のような笑顔が見れる日はまだ先か…

離婚訴訟中は仕事もなく、高嶋は(事務所の)東宝芸能に対して“借り”の状態

復活のアドバルーンを上げてもすぐに軌道に乗るほど芸能界、甘くはない

一方の美元さんはというと…

元カリスマキャバ嬢・立花胡桃(31)の自伝的小説を映画化した映画『ユダ』に、離婚が先月に成立したばかりのモデルで女優の美元(33)が、リポーター役としてワンシーンに出演

美元さんも芸能活動を再開しているようで…

美元は端役での出演となったが、「美元ちゃんはいい子なので、裁判の報道とのギャップに驚くと思う。高嶋さんの悪口も一切言わないし、本当に好きだったんだと思います」原作の立花胡桃さんのコメント

離婚後別々の道を踏み出した2人、でもやはり泥沼裁判のダメージは大きいようです…

1 2