1. まとめトップ
  2. 雑学

維新の影に隠れた都市伝説!トーマス・ブレーク・グラバーの長崎での悪行と偉人伝!

グラバー氏の人生の形跡の中には多くの都市伝説要素があります。

更新日: 2013年01月12日

13 お気に入り 93278 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

0or100さん

■■グラバー氏と坂本龍馬■■

グラバーが調達した武器は主に長州藩に売るためのもので、亀山社中を通じて、薩摩経由で運ばれた。 グラバーは武器売買により富豪となったのである。

坂本龍馬の黒幕として有名なグラバー氏ですが、武器商人であったため、武器の横流しを龍馬にして維新に貢献したと考えられる事は多いです。またグラバー氏と龍馬の間には多くの都市伝説があります。

■■グラバー氏とフリーメイソン■■

フリーメイソンとの関係は、史実上は根拠が無いとされているが、彼がフリーメイソンの人脈を使っているのは明らかである。

これはグラバー邸のそばにあるものではなく少し離れたグラバー園に移設された建物の近くにあります。そのためフリーメイソンではないと言われたりしますが、この時代にフリーメイソンも関係していた事が都市伝説ながら感じ取れます。

■■グラバーをモデルにした有名なオペラ■■

有名なオペラ「お蝶夫人」のモデルになっている。つまり、お蝶さんの愛人はグラバーをモデルにしている。実際のグラバーは、オペラと違って「ある晴れた日」に、故国に戻って二度と帰らぬということはなかった。グラバーは「談川ツル」という日本人女性を妻とし、長女・ハナ、長男・倉場富三郎の二子をもうけている。明治44年に東京で死んだ。

■■グラバー氏と岩崎弥太郎■■

三菱財閥の相談役としても活躍し、経営危機に陥ったスプリング・バレー・ブルワリーの再建参画を岩崎に勧めて後の麒麟麦酒(現・キリンホールディングス)の基礎を築いた。

三菱財閥を築いた、岩崎弥太郎。グラバー氏とも密接に関係していたようです。グラバー氏の愛弟子といったところでしょうか。また彼自身にも都市伝説が存在します。

■■他にもグラバー氏関連にこんな話が■■

スコットランド・アバディーンには、フリーメイソンメンバーであるグラバーの生家が現在も残されている。

グラバー関連の資料は、三菱が封印してしまったために事実は想像するよりないが、明治維新の岩崎との関係の中で、グラバーのフリーメイソン人脈は三菱に受け継がれたという見方が有力だ。

キリンビールの麒麟は麒麟像と坂本龍馬を指しているとの説もある。

2ページ目に続く■■

1 2