発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感(けんたいかん)などの全身症状がいきなりあらわれるのが特徴で、多くの場合、激しいせきをともないます。鼻水は後から続きます。症状は重く、感染から1~2日の潜伏期間をおいて、3日目頃から急激に悪化、熱は40℃前後に及ぶこともまれではありません。

流行中に40℃近い高熱が出たら、まずインフルエンザとみて間違いないでしょう。

出典風邪・インフルエンザとは 症状別対策BOOK | タケダ健康サイト

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

インフルエンザの症状まとめ

インフルエンザの症状の特徴、風邪の症状との違いをまとめました。感染の疑いがある場合は早めに医療機関に行きましょう。

このまとめを見る