普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、悪寒(寒気)や全身倦怠感(だるさ)、関節痛、筋肉痛、頭痛などの「全身症状」が強く現れます。また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあるので注意が必要です。

出典インフルエンザQ&A|インフルエンザの情報ならインフル・ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

インフルエンザの症状まとめ

インフルエンザの症状の特徴、風邪の症状との違いをまとめました。感染の疑いがある場合は早めに医療機関に行きましょう。

このまとめを見る