1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【2015/7/5更新】なんだかまた見たくなる、オススメ邦画10選【ほっこり】

2008年以降に公開された邦画の中から、見たあとに良い気分になれるオススメ10作品を選出。映画史に残るような傑作ではないかもしれない。だけど、「最近の邦画は、なんかいい」この気持ちを味わってもらえたら嬉しいです。※2015年7月更新!

更新日: 2015年07月05日

1076 お気に入り 212241 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

0120_01_9625さん

役所広司の演技に思わず頬がゆるんじゃう映画

監督:沖田修一
公開:2012年
主なキャスト:役所広司、小栗旬
上映時間:129分

皆が寄ってたかってモノを作っていくその幸せな時間を映画の中に持ち込めないかと。それが出発点になっていた気がします

横道世之介というキャラクターを愛さずにはいられない映画

監督:沖田修一
公開:2013年
主なキャスト:高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、綾野剛、伊藤歩、余貴美子、きたろう
上映時間:160分

劇場で観た人も楽しめるし、観てない人にはぜひ手に取って観て頂きたいですね。本当に決まり文句のようで申し訳ないですけど(笑)、「世之介体験」をしてくれる人が増えてくれるだけでいいなって思ってます。

各キャストと親父(石橋蓮司)との空気感が心地よい映画

監督:タナダユキ
公開:2013年
主なキャスト:永作博美、石橋蓮司、二階堂ふみ、岡田将生、淡路恵子、原田泰造、荻野友里
上映時間:129分

長い人生のうち、一瞬しか関わらなかった人だけれど、お互いに影響を与え合うという映画にしたいと思いました。

刺さる人もいるかもしれないが最後にはなんだか清々しさが残る映画

監督:吉田恵輔
公開:2013年
主なキャスト:麻生久美子、安田章大、岡田義徳
上映時間:119分

「自分は天才だ」と思い込んでいたが、ある日「自分は凡人だ」と気づいてしまう。それでも夢を諦められない切なさを描きました。麻生さんと安田さん、二人の掛け合いが時におかしく、時に切なく、最後に美しく見えると思います。

「明日からもがんばろう」って思える映画

監督:国本雅広
公開:2010年
主なキャスト:高良健吾、谷村美月、大杉漣、宮崎美子
上映時間:119分

お腹が鳴ったり、お腹を抱えたりする映画

監督:沖田修一
公開:2009年
主なキャスト:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾
上映時間:125分

撮影中にモニターを観ながらよくクスクス笑っていたのが印象に残っています。

林遣都の美しい走りに注目。箱根駅伝に興味が湧く映画

監督:大森寿美男
公開:2009年
主なキャスト:林遣都、小出恵介、中村優一、川村陽介、斉藤慶太、斉藤祥太
上映時間:133分

10人が1本のタスキをつなぐ話ですから、1人でも目立たない人がいると、価値が薄れます。とにかく10人の生活を画で<見せる>ことにしました。キャラクターを<見せ>ていけば、多くを語らずとも、映画として成立できるはず、と。

「濱田岳」という俳優を、これからも応援したくなる映画

監督:中村義洋
公開:2012年
主なキャスト:濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり
上映時間:68分

僕はほんとに『アヒルと鴨のコインロッカー』という作品が大事で、その後にどれだけやってもこの作品には敵わないなって思っていたけど『ポテチ』はそれに並ぶものになりました。

好きな人と一緒に、笑って泣けばいい映画

監督:山本透
公開:2012年
主なキャスト:麻生久美子、大泉洋、三吉彩花、能年玲奈
上映時間:106分

僕が初めて脚本を読んだときのように楽しさや、切なさが皆さんに伝わればいいなと思います。あまり考えないでみていいもの観たと思える映画ですよ。

映画館にいたおじいちゃんが目頭をハンカチで抑えるのを見て、もらい泣きした映画

監督:石井裕也
公開:2013年
主なキャスト:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、八千草薫、加藤剛
上映時間:133分

「でも、逆説的にいえば地味な作業を延々と続けてきた人たちこそ、どこかで輝きだす瞬間があるんです。今回は、そこを映画にしようという思いでした」

1 2