1. まとめトップ

平成最強ホームレス【洞窟オジさん】43年のサバイバル!!

13歳で家出し、山奥の洞窟へ。それから43年間、足尾銅山の山中でたった一人のサバイバル生活をおくった洞窟オジさんのまとめです。

更新日: 2013年01月13日

168 お気に入り 1272441 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yudofuさん

◯「洞窟オジさん」とは

▼本名は加村一馬さんといいます。

昭和21年8月31日群馬県大間々町生まれ。8人きょうだいの4男坊。13歳で家出をし、愛犬シロと足尾鉱山でヘビやカエルを食べ、生きる生活を選んだ。以来、43年間、栃木、新潟、福島、山梨、茨城を転々としながら人里離れた洞窟や山中のほら穴。ときには川っぺりなどでサバイバル生活を送ってきた。現在、インテリア内装業に就き、社会復帰を果たしている。

▼家出を決意する

1946年、群馬県大間々町の農家の四男に生まれた。学校に弁当も持っていけない貧しい暮らし。8人兄弟の6番目で、内気な性格からよくいじめられた。

14歳になった中学2年の秋、生活に嫌気がさし、カバンに干し芋と塩、マッチを詰め、家を出た。愛犬のシロが追いかけてきた。

リュックサックには家から持ち出し た干芋が満載で、それなりに計画的だった。

▼サバイバルのはじまり

向かったのは、幼いころに行った約25キロ北の足尾銅山。鉱脈を探すために掘られた山頂付近の穴に住みついた。持参した食料はすぐなくなり、ヘビやカエル、カタツムリ、野ウサギを捕っては焼いて食べる生活に変わった。

山中の洞窟を見つけ、何とか風雨を凌げることができた。何日も歩き続けた疲れのせいか、 安心したせいか、高熱に見舞われて寝込んでしまった。このとき夢の中で一線を越える間際でシロに起こされた。シロはおとなしい犬で決して人を傷つけるよう なことはしなかったが、このときは著者に訪れた死への誘いを断ち切るために、耳に噛み付き思いっきり引っ張って いたのだ。耳は血だらけである。シロには最後まで家出ということがわからなかったかもしれない。ただ、飼い主である著者がいなくなることに耐えられなかっ たのだろう。

2年後にシロが死ぬと、足尾銅山から栃木県や茨城県の山々に移った。人里に下りて農作業を手伝い、食料や衣類などをもらったこともある。しかし、「素性が知れたら帰される」と、人との接触を避けた。歯は20歳過ぎになくなったが、病気はしなかった。

愛犬シロが死んじゃってかなり悲しんだみたいです。

シロの死後、人を避けるように暮らしやすい場所を探して、山中を彷徨った。このあたりは詳しい地名が明記されていないが、新潟県を経て、山梨県に至って いる。

新潟県では、山中の珍花が売れてカネをつかむこともできた。完全に人を避けていたのではなく、人と出会えばそれなりに交流していたのだ。

人とも交流しだした頃です。

珍花は詳細を記していないが、売れた価格からし て、おそらく蘭だろう。山中のドライブインの駐車場で蘭を売って、数万円のカネを手にしたのだ。カネのありがたみと虚しさも体得した。

サバイバル生活の終焉

腹が減っては野生の動物を追う生活に疲れ、6年前、「死のう」と思った。ヒッチハイクしたトラックの運転手に「死にたい」と話すと、富士山ろくにある山梨県の青木ヶ原樹海に連れて行ってくれた。が、樹海で見た死体に怖くなり、自殺を思いとどまった。

カネへの深入りを避けて、最終的には河川敷で魚をとって生活するようになった。このときは茨城県に至っている。

釣りの腕前を認める釣り人から「先生」と慕われ、仲間ができたことだった。釣り仲間の家に呼ばれ、カラーテレビを初めて見た。

ときにはここにやってくる釣り人との交流 もあった。そして、近所の人が著者のところに魚を売ってもらいにくるようになった。ついに、近所の釣り人と懇意になり、彼の家に居候することになった。彼 の経営する会社の世話になり、仕事(家の内装工事)を覚えた。ようやくまっとうな社会生活ができたときには家出をしてから43年を経ていた。

57歳のとき、空腹にたえかねて自動販売機をこじあけようとしているところを逮捕されて、これまでの加村さんの人生が世に知れ渡ることになります。

結局、釣り仲間の一人が身元引受人となり、加村さんには執行猶予付きの判決が下りました。
その釣り仲間が経営するインテリア内装業の仕事にも就かせてもらい、家族同然としてその方の家に住まわせてもらっているらしいです。

被告が名乗った戸籍には該当者がなく、兄とみられる人に写真を見せても 確認できず「自称」のまま起訴された

◯ 洞窟オジさん 荒野の43年 出版

すごいエピソード満載。とっても面白いです。

▼本の感想

1 2