桑田さんは男子生徒が自殺した今回の問題について、「本当に心が痛いとしか言いようがない残念な出来事だ」と述べたうえで、「体罰は指導者の勉強不足による、いちばん安易な指導方法で、チームや選手は本当の意味では決して強くならない」と指摘しました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

佐々木則夫監督&桑田真澄「体罰は指導者の勉強不足」

元プロ野球選手として巨人軍で活躍した桑田真澄選手が大阪市の高校で部活の体罰をきっかけに自殺した事件についてコメントを寄せた。ご自身の体罰経験も踏まえ、今何が問題になっており、将来日本のスポーツ界はどうすべきなのかについても言及しています。追記:佐々木監督のコメント

このまとめを見る