自分自身が小学校時代から体罰を受けていたことに触れ、「グラウンドに行って殴られない日がない時代で、それが当たり前とされていたが、殴られて愛情を感じることはなかった。理屈で話して説明してほしかった」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

佐々木則夫監督&桑田真澄「体罰は指導者の勉強不足」

元プロ野球選手として巨人軍で活躍した桑田真澄選手が大阪市の高校で部活の体罰をきっかけに自殺した事件についてコメントを寄せた。ご自身の体罰経験も踏まえ、今何が問題になっており、将来日本のスポーツ界はどうすべきなのかについても言及しています。追記:佐々木監督のコメント

このまとめを見る