1. まとめトップ

日本中で話題の『ならぬことはならぬものです』みんな使い方違っているけど…

NHK大河ドラマ「八重の桜」によって注目されている、会津の人材育成の指針“什の掟”(子弟教育7カ条)「ならぬことはならぬもの」についてまとめてみます。多くの方が間違った使い方をしているので…

更新日: 2013年01月12日

24 お気に入り 175689 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

残念なツイートを見つけました。(アカウントは伏せておきます。)

『八重の桜』の「ならぬことは、ならぬものです」って、いまの言葉にすると「ダメなものはダメ!」だよね。これをそんなにもてはやしても良いものなのか?

「ダメなものはダメ!」という意味では、ありません。

「ならぬことはならぬものです」は什の掟を締めくくる言葉です。

会津藩では藩士の子弟を教育する「什(じゅう)」という組織があり、6歳から9歳まで10人前後の集まりで、年長者が一人什長と呼ばれるリーダーとなった。什では毎日順番に、仲間の家に集まり、什長が7カ条の「什の掟(おきて)」を訓示する。

いじめが問題になっている現在、社会科見学などで旧会津藩校「日新館」を訪れる学校も多く、必ず全員で「什の掟」を唱和し、後で感想を話し合うという。

什の掟

一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
二、年長者には御辞儀をしなければなりませぬ
三、虚言を言ふ事はなりませぬ
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五、弱い者をいぢめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

ならぬことはならぬものです

「ならぬことはならぬ」は「右の条文は堅く守るべきものである」と言う意味です。

7か条ありきの締めくくりが、「ならぬことは、ならぬものです」なのです。

「例え不合理と思われるものでも、決められた事を守れ」というような意味ですよ。

旦那に会津人の「ならぬものはならぬ」と私の「ならぬものはならぬ」は違うから、簡単に「だめなものはだめ」とは思うな と言われたことがある

【八重の桜♡福島 豆知識】 今日の放送のタイトルでもあった《ならぬことはならぬものです》は、会津藩の子供達に教えられた什の掟の最後のフレーズ!我慢強い会津の県民性を表すような、強く素敵な合言葉です(o^^o)

「ならぬことはならぬものです」って、その文だけ読めばかっこいいけど、内容は若干時代錯誤なんだよな…。大切なのはその内容よりも、「守らなければならない事を守れるか」っていう自制心が大切なのではと思う。その自制心が大人と子供の見極めにもなる訳だしな。

心の教育、今の日本に必要かも

ならぬことはならぬもの。 会津だけでなく、今の日本の教育に必要かも。

大河ドラマがはじまった。ならぬことはならぬものなり、こういうことを教えなくなって、日本は変になったんだろうな

「ダメなものはダメ」という意味ではないのですが…

「什の掟」の一部分のみを取り出してしまったために、「ならぬことはならぬ」という言葉の本来の意味とはかけ離れており、ほとんど誤用。

「ならぬことはならぬ」は「右の条文は堅く守るべきものである」に当たると考えられます。
什は6~9歳の子供の集まりですから、小さい子でもわかるようにこのような表現をしたのでしょう。
意味は「決まりは守るべき」といったところでしょうか。
「ダメなものはダメ!」というような使い方をする言葉ではありません。

「ならぬことはならぬです」=「駄目なものはダメ!」=「問答無用」 #yaenosakura #八重の桜

「ならぬことはならぬもの」って、何故ダメなのかを考えない思考停止のようにしか見えない。先の大戦の敗因の1つである精神論、根性論の悪い見本のようで、嫌いな言葉の1つ。

「ならぬことはならぬもの」 イヤイヤ期でカンシャク持ちの幼児に聞かせ続けるには、実にいい標語なり。#八重の桜

こないだの大河でやってた会津藩の「ならぬことは ならぬものです」という、いかにも封建時代の教育思想。こんな思考停止を称揚してどうしたいんだ、NHKは。

中途半端な時間に起きちゃったので八重の桜を観てる。 「ならぬものはならぬ」 完全に思考停止で好きになれない。自身の美学は重要だけど誰かに宗教的に押し付けられるものではない。 教育とは色んな可能性を提示して自身の考えを形成させること。押しつけは教育ではない。

   「ならぬことはならぬものです。」体罰容認推進しているが、これってどうなの? akina.ne.jp/~ichi/nn/index…

1 2





このまとめへのコメント1

  • 西の者さん|2013.09.11

    [ならぬことはならぬもの]といいながら、自分は父や兄のいう事を聞かず、鉄砲の勉強をしていたのは違うのではないか。

1