1. まとめトップ

2030年までに消える仕事、新しく生まれる仕事

TEDxResetで発表された未来学者による未来予測です。未来学者っていう職業があるんですね!

更新日: 2013年01月19日

118 お気に入り 90133 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yume_mayuさん

これは、2012年2月2日にイスタンブールで行われたTEDxReset Conferenceの翻訳まとめです。
末尾の参照リンクもあわせてどうぞ!

講演者

トーマス・フレイさん。

これから数十年で、地球上のすべての仕事の50%にあたる、20億もの仕事がなくなるでしょう。

5つの業界についての要約をお話します。

①電力業界

スマートグリッド技術で既存の大規模発電施設は不要になっていくでしょう。

【消える仕事】
・原子力発電所の閉鎖
・石炭発電所の閉鎖
・鉄道や交通機関の従業員は不要になるでしょう
・大規模な風力発電所、天然ガス、バイオ燃料発電所の閉鎖
・エタノール発電は段階的に消えるか、再度見直される
・電力会社のエンジニア

【新しく生まれる仕事】
・小型の発電装置生産
・マイクログリッドを操作するためのエンジニア、マネージャーなど
・その他たくさん

②自動車産業

自動運転技術により、ドライバー不要になるでしょう

【消える仕事】
・トラック、タクシー、リムジン、バスなどの自動車ドライバー
・ガソリンスタンド、駐車場、交通警察、交通裁判所
・交通事故によるケガ人に対処していた医師、看護婦
・ピザを代表とした宅配員
・郵便局の郵便物配達員
・宅配業者の宅配員(フェデックス、ヤマト、佐川などの宅配員)
・自動車製造業者など

【新しく生まれる仕事】
・交通監視員
・自動化された交通システムのデザイナー、建築家、エンジニア
・もしも事故が発生したときの緊急トラブル解決スタッフ

③教育

キャンパスで教える教育から、Webで学ぶ教育へ

【消える仕事】
・教師
・トレーナー
・教授

【新しく生まれる仕事】
・コーチ
・学習コースデザイナー

④製造業

3Dプリンタ技術で製造業に大変革が起きるでしょう

【消える仕事】
・私たちが自身で体にあった洋服や靴をプリンターで作れるようになったら、衣類メーカー、衣料品小売業者、靴メーカー、靴の小売業者は消えるでしょう。
・私たちが自身で建築資材をプリンターで作れるようになったら、木材、石、石膏、砂利、コンクリートなどあらゆる建材メーカーは消えるでしょう。

【新しく生まれる仕事】
・3Dプリンターの設計、エンジニアリング、製造
・3Dプリンターの修理工(大きなニーズがあるでしょう)
・工業デザイナー、スタイリスト
・3Dプリンターの”インク(原材料)”販売者

⑤ロボット

ロボットはもっと進化し、複雑なロボットが生まれるでしょう。

【消える仕事】
・漁師は漁師ロボットに代替されるでしょう。
・農家は農業ロボットに代替されるでしょう。
・検査官は検査ロボットに代替されるでしょう。
・兵士は爆撃機ロボットに代替されるでしょう。
・3Dプリンターから出てくる建築資材をロボットが組み立てて、家を建築するようになるでしょう。

【新しく生まれる仕事】
・ロボットデザイナー、エンジニア、修理工
・ロボットセラピスト
・ロボットのトレーナー
・ロボットのファッションデザイナー

講演者のまとめ

現在存在する、ほとんどの仕事が、低レベルな単純作業として追いやられていくでしょう。

私たちはこれから来る時代に向け、より労働力を高度にアップグレードするよう準備を始めるべきです。

参照記事はこちら

1