1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

プロの8割が体罰容認!?桑田真澄が語る野球界の体罰問題まとめ

これ以上体罰で悩む子供たちが増えないことを切に願います

更新日: 2013年01月22日

126 お気に入り 147417 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ekyboさん

■最近学生スポーツの体罰問題が表面化することが増えてきている

大阪市立桜宮高校では、バスケットボール部のキャプテンだった2年生の男子生徒が先月23日、自宅で自殺し、その前日まで顧問の教師から体罰を受けていたことが明らかになっています。

■そこで今回は学生野球の体罰問題についてまとめました

検証1 プロ野球選手にアンケートをとった結果、半分が体罰経験済

桑田は現役プロ野球選手270人からアンケートをとっている。「指導者から体罰を受けたことがある」は中学で45%、高校で46%。「先輩から体罰を受けたことがある」は中学36%、高校51%。

検証2 甲子園の名門校でも体罰が続いているのが現状...

ここであげた例は10年20年前の話でなく
1,2年前の出来事という点が恐ろしい

1年生部員が寮で禁止されている焼き肉をしていたところ、それを発見した2年生が1年生部員の背中を殴り、その後意識不明。病院搬送ののち死亡

生徒は野球の特待生として10年に入学。同5月ごろから先輩から殴られたり、バットで腕をたたかれたりするなどの暴行を受け、昨年2月ごろには「野球やめろ。出て行けよ」などと言われ寮を追い出されたという。

雨のため雨天練習を喜んだ下級生に「練習態度が悪い」と上級生が下級生の顔の骨を折るなどの暴行。暴行した4人の部員は春の選抜甲子園に出場した主力メンバー。また、上級生が下級生に「ボールが当たったことにしておけ」と口止め

検証3 ヤンキースの黒田の体罰経験はアメリカでも話題に

水を飲むことが禁止されたまま、早朝から深夜までの練習、正座、ケツバット。およそ米国人には信じられない日本の野球カルチャーのオンパレードだったからだ。

検証4 後藤選手は先輩による監禁で留年、退学されていた

その後スポーツ推薦で法政大学に進学したが、履修登録日に一部の上級生らにより寮へ監禁されるいじめを受けて留年が確定し、そのまま大学を中退する

検証5 落合博満の息子の福嗣君はいじめで膝を破壊されていた

野球部では、落合の息子ということで先輩にいじめられ、
金属バットで膝を割られ歩けなくなったが、父親には練習で故障したと告げる。

このように酷い体罰がまかりとおる野球界...

検証5 しかしプロの8割が体罰を容認するという結果が!

さらに驚くのは体罰について「必要である」、「時には必要である」を合わせると中学でも高校でも83%の選手が体罰を容認しているのだ。

検証6 元プロ野球選手でも体罰を容認する発言を...

「われわれはビンタとかバットで尻を叩かれるなど、他のしごきを含めて、このレベルじゃなかったですけど、殴られながらもボクは愛情を感じていましたよ。

1 2