1. まとめトップ

生ホルモン最高!!生ホルモンを下処理して自宅で食べるまで、のまとめ

生ホルモンって知ってますか?あれ、買ってきて食べるまでわりと苦労します。しかし、苦労すれば苦労するだけ新鮮で安くてウマイ、それが生ホルモン。専門店で特売日に買えば、国産の新鮮な牛のホルモンは100g100円~300円です。さあ、あなたもホルモンを食おう!!ちなみに洗わないと相当汚いですよ!!

更新日: 2016年11月27日

82 お気に入り 1032642 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

精肉店で生ホルモンを買って食べたところ、調理の仕方がどこにものっていません。苦労して食べたところ、衝撃的にうまかったのでまとめました。

lariat1999さん

ホルモンは鮮度が命、生ホルモンを食べれば世界が変わります!!

ホルモンは品質と鮮度、そして経験と知識がおいしさを左右するのだ。

そもそも、ホルモンは普通に買っても臭みがあります

そもそもホルモンとは、調理してある筈の販売店で買ってきても臭みがある。贓物ですから、当たり前なんです。

ホルモンの臭みを取る方法。豚や牛のホルモン。好きな人にはたまらないのですが、どうしても赤身よりも臭みがキツいですね。販売店によっては臭みをしっかり取り除いてくれていることもありますが、ご自身でも臭みを取る方法がありますのでご紹介させていただきます!

生ホルモンは、そのままでは食べられない。

だからお店側が処理をしてない生ホルモンは、そのままでは食べられません。
間違っても生で食べちゃダメ!!
”徹底した”下処理が必要です。以下の方法はどれも、最初は、ここまで洗う?くらいの気持ちで試してください。

①小麦粉で徹底して洗う(おすすめ)

小麦粉で洗う。コレおすすめです。

ホルモンを洗うときに、小麦粉を使います。小麦粉は、薄力粉でOK。ホルモン1キロにたいし、薄力粉1カップくらいの割合で、ボールの中でよくもむようにします。薄力粉によごれやにおいがうつりますから、そのあと水洗いして、水切りしたら、お鍋にそのまま入れて大丈夫と思います。

小麦粉で洗います。僕もいつもこれでやってます。汚れがキレイに落ちるのも実感できます。

②水で、じゃぶじゃぶ洗う

生ホルモンは、この程度だと洗っていることになりません。これを徹底してやるイメージで。

次、水でジャブジャブ、ゴシゴシ洗う。ホントにゴシゴシ洗ってください!!

1 大きなボールにホルモンを入れます。水を流しながら ゴシゴシ洗います。(お店では二層式の洗濯機(ホルモン専用です)を使ってます(笑))
2 袋状になっているので包丁で開きます。
3 包丁でヨゴレを擦り落とします。ゴシゴシとね、この時にホルモンの一番美味しい脂(ゴロ)を落とさないように気をつけてください。
4 もう一度 ボールでゴシゴシ洗います。1と同じ要領です。
5 それから食べやすい大きさに切ります。

水でとにかくゴシゴシ洗う方法があります。とにかく徹底的にゴシゴシ洗います。

③塩で洗う

塩で洗う。小麦粉と同じ要領です。水で洗い、塩で揉む方法。

胃、小腸、大腸は大きめのボールなどに入れ、
たっぷりの塩を加えて、米を研ぐようにゴシゴシと
もみます。ヌメリや匂いが取れたら、塩が取れるまで水洗いして
よく水切りして食べやすい大きさに切ります。

白いのを全部取ったらあらじおを入れて揉みこみます。

それを水ですすぎます。

ちょうどお米を研ぐような方法です。

参考、下準備をしたホルモンの食べ方

①せっかくなんでそのまま焼いてください!!

1 2