1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

STAP細胞研究の小保方博士で話題だが、鳥取大もがん(癌は)容易に正常細胞や良性細胞へ変換できると発表した。この発見を応用すれば、これまで治療法がなかった末期的なガンにも治療を施せる可能性があるといい、また抗ガン薬が有効に効かなかったガンに対しても治療を行うことができる可能性があるという

「オリーブオイル、魚の油(DHAなど)、トマト、大豆、緑茶などは医学的に予防効果が認められている。インド人に前立腺がんが少ないのはカレーを食べているからだろう。カレーに入っているウコンにはクルクミンという成分が含まれていて、前立腺がんを防いでくれる」(堀江教授)

第1章 どんなときに病院へ行くべきか
心得1 「とりあえず病院へ」は、医者のおいしいお客様
心得3 医者によく行く人ほど、早死にする
心得4 「血圧130で病気」なんてありえない
心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
心得6 世界中で売れている「コレステロール薬の病気を防ぐ確立」は宝くじ以下
心得7 がんほど誤診の多い病気は無い
心得8 「早期発見」は、実はラッキーではない

第2章 患者よ、病気と闘うな
心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな
心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
心得14 「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな
心得15 がんの9割は治療するほど命を縮める。放置がいちばん

第3章 検診・治療の真っ赤なウソ
心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす
心得21 「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」

何度も照射が可能となる。

臓器を傷つけることなくがんにピンポイントに照射できる

標的に絞って狙い撃ち、がん細胞を死滅させる。最大の特徴は、一般の放射線(X線)などに比べて、がん細胞に致命的なダメージを与える「殺細胞効果」が3倍も高い点。

治療は寝てるだけで痛みなし

1