1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

英国の時事週刊誌エコノミストのお悔やみ欄は最近永眠した人々から世界的な共鳴を持つ人物を選び、集中的にスポットを当てている。最新号(9月7日~13日)が手がけたのはオランダ系オーストラリア人のジャン・ラフ・オハーンさん(1923~2019)だ。日本軍に拉致され、インドネシアで3カ月間「慰安婦」として強制収容されていた女性だ。これまで、知られている欧州系慰安婦被害者の唯一の生存者だった。

オハーンさんは生前「日本の安倍晋三首相の謝罪を受けるまでは絶対に死にたくない」と話したが、その願いは叶わなかった。オハーンさんは先月19日、オーストラリア・アデレードの自宅で96歳で老衰により息を引き取った。

過去を隠し、平凡な主婦であり2人の娘の母親として暮らしていたオハーンさんは、1991年に故金学順(キム・ハクスン)さんが最初に慰安婦の事実を公開し証言したのを偶然目にしてから勇気を出した。翌年オーストラリアのメディアに自分の被害事実を知らせ、その後米国・欧州・日本などで証言活動を行った。韓国の慰安婦被害者とも活発に交流した。自叙伝『オランダ人「慰安婦」ジャンの物語(Fifty Years of Silence)』は6つの言語に翻訳された。

エコノミストは、オハーンさんがインドネシアの日本軍慰安所で経験したことも詳細に紹介した。オランダ領インドネシア・ジャワ島の裕福な貿易商の娘として生まれたオハーンさんは、修道女になるために勉強中だった。そして42年に日本軍がインドネシアを侵略し、2年後の44年に拉致された。当時21歳だった。

エコノミストはオハーンさんと6人のオランダ系の女性が「(インドネシア)スマランの日本軍の娼家(brothel)に連れて行かれた」と表現した。

日本軍慰安婦被害を「戦時であることを考えても衝撃的な性暴力」と表現した。オバマ大統領が慰安婦問題を「戦時性暴力」と規定したのは今回が初めて。

当初、共同記者会見の冒頭発言には、韓日歴史葛藤に関する内容が全くなかった。しかし「日本指導者の歴史認識についてどう思うか」という記者の質問に対し、オバマ大統領は「日本国民と安倍首相も過去が正直に認識されるべきだという点を理解していると考える」と答えた。特にオバマ大統領は質問で言及されていない慰安婦問題を先に持ち出し、「甚だしい人権侵害だ」と述べた。

米国は日本の敵なのか・・安倍首相の愛国・保守という政治信条がそもそも米国と相容れない

1