1. まとめトップ

ネットが調査報道で暴く大阪市立桜宮高 バスケ部顧問小村基・元教諭とは?

次々と明るみになる桜宮高校バスケ部主将自殺問題。度が過ぎているとしか言いようがない体罰の繰り返しにはネットを含めた世論の大半が大激怒!そんな怒りを勝っているせいか?ネットではネット特有の調査報道が働いてテレビや大手マスコミでは伏せているこのバスケ部顧問の本名や素顔が暴かれています。

更新日: 2018年02月17日

2 お気に入り 221161 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■市賠償の半額分支払い、元顧問に命令 バスケ部生徒自殺

大阪市立桜宮高校バスケットボール部の男子生徒が顧問だった男性から暴行を受けて自殺した問題で、市が遺族に支払った賠償金の半額を元顧問の男性に求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。

元顧問は反論しておらず、長谷部幸弥裁判長は請求通り4361万円の支払いを命じた。公務員の賠償責任を被害者・遺族が直接問うのは法的に困難ななか、生徒の両親は今回の判決が教育現場の暴力の抑止力になれば、と望んでいる。

 部の主将だった生徒は元顧問から暴力や暴言を受け、2012年12月に自殺。元顧問は傷害罪などで有罪判決を受けた。遺族は13年、市を相手に東京地裁に損害賠償請求訴訟を提起。判決に基づき、市は遅延損害金を含め8723万円を支払った。

 今回の大阪の裁判で、元顧問は「判決に従う」と争わない姿勢を表明していた。判決は16日、市が支払った賠償金と元顧問の暴行の因果関係を認定し、市の請求通りの支払いを元顧問に命じた。

東京の裁判で、遺族が元顧問の責任を直接問えなかったのは法の制約からだ。

 国家賠償法は、公務員が職務で誰かに損害を与えた場合、国や自治体が賠償責任を負うと定めている。1955年には最高裁で公務員個人の責任を否定する判決が確定。警察官ら公務員が公権力を行使する際に萎縮しないための配慮と考えられてきた。教師は私立校に属するケースもあるが、公立校で働いていれば、不法行為の責任を、被害者側から直接問われることはない。

 一方で、国賠法は今回のように公務員個人に故意や重い過失があった場合、国や自治体が本人に支払いを求める「求償権」があるとも定めている。今回、市は賠償金の原資は税金で、元顧問には重い責任があったとして負担を求めることを検討。交渉したが折り合いがつかず、17年11月に提訴していた。

■体罰自殺問題 大阪市が元顧問に損賠半額請求へ

大阪市立桜宮高校で体罰を受けた生徒が自殺した問題で、大阪市は、遺族に対して支払った損害賠償金の半額負担を元教師に求める訴えを起こす方針を固めました。

市立桜宮高校では、5年前、バスケットボール部の男子生徒(当時17)が、顧問だった元教師から暴力を振るわれ自殺。東京地裁は去年2月、「自殺は顧問の体罰が原因」とする両親の訴えを認め、大阪市に対して損害賠償金など、あわせておよそ8700万円の支払いを命じました。これを受けて、市は賠償の一部負担を元教師に求め、話し合いを進めてきましたが折り合いがつかなかったとして、損害賠償金の半額を負担するよう、元教師を相手に大阪地裁に提訴する方針を固めました。市は、来月の市議会に関連議案を提出し、承認を得る考えです。

■顧問は指導者として全国的に名が知られる存在?

教員の名前は小村基(こむらはじめ)とのことで日本体育大学に7年も通っていたみたいです。

相当なスパルタ教育だったようですが、の厳しい教育方針もあってか、桜宮高校をウインターカップ出場を2回達成し、2012年の第20回日・韓・中ジュニア交流競技会バスケットボール競技では「男子U-18日本代表チーム」のアシスタントコーチとして参加しています。
また、大阪高体連バスケットボール専門部の技術委員長を務めています。

・強くするには体罰が必要だ!そうで‥

小林顧問が大阪市教育委員会の調査に対し、「強い部にするためには体罰は必要で、それによって生徒をいい方向に向かわせるという実感があった」などと話していたことが分かっています。

桜宮高校バスケ部男女50人中21人が小村顧問からの体罰を経験。
48人が体罰を目撃していたというから「なぐる」「叩く」指導は常習化していたといえよう。

■行き過ぎた体罰で死に追いやる

自殺した主将が小村基宛てに書いていた手紙には「なぐられ、つらい」と記載。前日に行われた練習試合にミスをした際、小村基に顔を殴られており、生徒の遺体から口が切れる傷が確認された。

小村基は市教委に対して、体罰の回数について「自殺の前日に加えて、1、2度」と説明。
生徒の両親は「それどころではない、もっと多い」と反論。ほかの部員からも複数回の体罰の申告があった。

「遺体を見てください」自殺翌日に行われた通夜の場で、生徒の母親は小村基にこう促した。 口がはれた生徒の遺体を前に母親が「これは体罰ではないのか」と問うと、小村基は「体罰です。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。

・卒業生?ブログから警護する言葉も

追伸
小村先生を敬愛する人物…(某ブログより)

「久しぶりに 小村先生と会う機会がありました!!
相変わらず 元気元気!!情熱ある指導は昔のままです。
小村先生と言えば今や全国大会常連校。
大阪を代表する桜宮高校バスケ部監督です。」
 ↑
追々伸
1月9日12:00現在、削除された模様…

■『スクール☆ウォーズ』モデル教師山口 良治氏の娘婿

「体罰をふるった小村氏は、実は『スクール☆ウォーズ』のモデルとなったラグビー部元監督山口氏の娘と結婚しているんです。つまり、義理の息子なんです。山口氏の娘も教師で、桜宮高に勤務していた縁で小村氏と結婚。山口氏と小村氏のふたりは同じ“熱血教師”として意気投合してきたそうです。小村氏が、義父の指導方針を受け継いでいたとしても不思議ではありません」

義父であるラグビー部元監督山口氏は、前述のようにドラマのモデルとなっただけでなく、率いるチームを高校ラグビーの聖地・花園ラグビー場(京都市)で全国制覇3回という素晴らしい戦績に導き、京都市でもスポーツ政策顧問として活躍した伝説的な指導者だ。

 かつて雑誌のインタビューに答えて、24年間の教師経験から「甘やかしと叱らないのが子供をだめにする」ときっぱりと語っている。

<私が監督になって初めての公式戦は、(中略)0対112の完敗。試合後、ふてくされてベンチに戻ってきた選手たちを「お前ら、同じ高校生に100点も取られて悔しくないんか。それでも男か!」と怒鳴りつけ、一人一人を本気で殴りました>
<「注意したらキレるんちゃうかな」と怖れてはいけません。子どもにビビって教育なんかできますか>
 そんな熱血教師だった元監督山口氏の自宅を訪ねたが、応答はなかった。義理の息子の今回の事件に対して、山口氏はどんな思いを寄せているのか。

■自殺生徒の父 暴行容疑で桜宮高顧問を告訴

生徒の父親は23日、暴行容疑で顧問を大阪府警に刑事告訴した。府警が明らかにした。府警によると、告訴の内容は、自殺前日の昨年12月22日の練習試合の際、顧問が生徒に暴行を加えた疑いがある、としている。府警の捜査員が父親の処罰感情を確認し、調書を作って告訴の手続きを取った。

■体罰の桜宮高バスケ部顧問教諭、懲戒免職へ

大阪市立桜宮(さくらのみや)高校バスケットボール部の2年男子生徒(17)が同部顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題で、同市教委が12日の教育委員会議で、顧問を懲戒免職とする処分を決定したことがわかった。

13日以降、本人に処分内容を伝える。同市教委が体罰を理由に教職員を懲戒免職にするのは初めて。

1 2 3