1. まとめトップ

【初めて洋楽を聞く人おすすめ】 ポップパンクバンドまとめ

海外のポップパンクバンドをまとめてみました。随時更新していきます。

更新日: 2019年02月17日

144 お気に入り 380949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mother74147さん

#1

オール・タイム・ロウ (All Time Low) は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア出身のポップ・パンクバンドである。
Green DayやBlink-182からの影響が感じられる典型的な青春ポップ・パンクであるが、そのとびきりキャッチーなメロディー、高いパフォーマンス性、端正なルックス等に全米から注目が集まり、インディーズアーティストながら着実にファンを増やしていった。
2010年から2年間はメジャーレーベルのInterscope Recordsで活動していたが、2012年に再びインディーズレーベルのHopeless Recordsに戻った。
(出典:Wikipedia)

代表曲 -All Time Low-

#2

オール・アメリカン・リジェクツ(The All-American Rejects)とは、アメリカ合衆国オクラホマ州スティルウォーター出身のロックバンドである。
アメリカでは絶大な人気を誇っており、発表した4枚のアルバムの内、2枚がプラチナムディスクに認定されている。
特に「親しみやすさ」・「現実味」に重点を置いた楽曲を作るバンドとして有名で、メロディは誰もが口ずさめるような分かりやすい物が多く、歌詞においても、ごく普通に日常的に起こる事をテーマにした、誰もが共感できる物が多いのが特徴である。
(出典:Wikipedia)

代表曲 -The All-American Rejects-

#3

ブリンク 182 (Blink-182、ワンエイティートゥー) はアメリカのポップ・パンク・バンド。
ポップ・パンクの代表的なバンドの一つ。
「エニマ・オブ・アメリカ」が全世界で700万枚の売り上げを突破し、世界各国で数々の賞を総なめにするなど、爆発的なヒットを記録した。同アルバムは、新世代パンクの始まりを告げるようにRancidやGreen Dayの作品を担当していたジェリー・フィンをプロデューサーに迎え、パンクにもかかわらずポップで洗練された音を実現させた。
(出典:Wikipedia)

代表曲 -Blink-182-

#4

フォール・アウト・ボーイ (Fall Out Boy) は、2001年に結成されたアメリカ合衆国イリノイ州シカゴの郊外ウィルメット出身4人組ロックバンド。
当初はバンド名が決まっていなかったが、2回目のライブの終わりにファンにバンド名を尋ねたところ、誰かが「フォール・アウト・ボーイ!」と叫んだためバンド名はそのまま“フォール・アウト・ボーイ”となった。それはアメリカのアニメ「ザ・シンプソンズ」の登場人物の子供達が夢中のマンガ「フォールアウト・ボーイ」(Fall out Boy)に由来する。
(出典:Wikipedia)

代表曲 -Fall Out Boy-

#5

グリーン・デイ (Green Day) は、1987年に結成したアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー出身のパンク・ロックバンド。
バンド名の由来は、「初めてドラッグをやった日」を歌った曲、「グリーン・デイ」から。ちなみに、バークレーのスラングで「親元から離れ独り立ちする日」と言う意味もある。
1990年にレコードデビュー、1994年にメジャーデビューを果たす。パンクバンドとしては史上初のグラミー賞の最高賞「最優秀レコード賞」を獲得するなど、ポップ・パンクを代表するだけでなく、パンク史においても重要な地位に位置づけられるバンドである。
(出典:Wikipedia)

代表曲 -Green Day-

#6

フーバスタンク(Hoobastank)は、アメリカ合衆国のロックバンドである。
2001年、デビュー・シングル『Crawling in the Dark』をリリース。全米最高68位、音楽配信サイトのMP3.comでは1位のダウンロード数を記録。2001年11月20日(日本では2002年4月)、デビュー・アルバム『フーバスタンク』(Hoobastank)を発表、全米最高25位を記録し、プラチナディスクに認定される。
(出典:Wikipedia)

代表曲 -Hoobastank-

1 2 3