(レバレッジ取引)
レバレッジ取引というシステム。わかりやすくいうと

100万円の金融商品Aがあるとする。このAは゛おそらく゛近いうちに80万円になるか120万円になる。80万円になれば20万損、120万円になれば20万得。プラスマイナス20万なわけだ。
本来ならば客は100万を支払ってこのAを購入すべきだが、客は100万も持っていない。そこで客は20万だけを支払ってこのAを「買う」そして「売る」。買う・売るは1セット。
仮に80万に下がれば差額20万を客は支払えばいい。120万になれば客は20万の儲け(20万が40万になる)。

ところがだ。もしも、何か大きな事件や事故が起きてこのAの価格が10万まで下がったらどうなるか。客は20万しか支払っていないのに追加で70万円を請求されるわけだ。

これが借金のからくり

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【これが現実】FX・株で地獄を見た人たち

投資は必ず勝てるとは限りません。破滅した人たちの体験談を"他山の石"として、決して過度なリスクを取らないよう注意しましょう。特に、信用取引、先物取引、オプション取引のショート(売建て)は、損失が投資額に限定されない(追加証拠金。追証)ので、絶対に避けるべきです。

このまとめを見る