1. まとめトップ

先行の「まとめ」

Computer activist Aaron H. Swartz committed suicide in New York City yesterday, Jan. 11, according to his uncle, Michael Wolf, in a comment to The Tech. Swartz was 26.

“The tragic and heartbreaking information you received is, regrettably, true,” confirmed Swartz’ attorney, Elliot R. Peters of Kecker and Van Nest, in an email to The Tech.

There is no way to express the sadness of this day. There will be many words, eventually, to express its anger. This story will infuriate you. For now, to the co-creator of RSS, of the Creative Commons architecture, of part of Reddit, and of endless love and inspiration and friendships, rest. We are all incredibly sorry to have let you down.

12 January 2013

「この日の悲しみを表現しうる方法などありません。ゆくゆくは、今日という日の怒りを表す言葉がたくさん、書かれることでしょう。この顛末を知れば、人は激怒することでしょう。ただ今は、RSSの共著者にして、クリエイティヴ・コモンズのアーキテクチャーにともに取組、Redditにも参画した彼に、そして尽きぬ友愛とインスピレーションと友情を抱いた彼に、ゆっくり休んでくださいと言うのみです。みな、君をがっかりさせてしまったことについて、非常に非常に申し訳なく思っています」

以下、1月14日以降の更新

◆ 故人ののこしたもの

◆ 故人をたたえる

Aaron Swartz Mem. JSTOR Liberator sets public domain academic articles free ars.to/WYt2uB @JesseBrown @glennf @doctorow @onthemedia

これ興味深い。JSTORの管理下に置かれてもいるが、既に(著者によって)パブリックドメイン(誰でもアクセスできる場)にアップされている学術論文のPDFを見つけたら……

Academics honor Reddit co-founder Aaron Swartz by releasing copyrighted work for free at #PDFTribute: slate.me/X8GVHn

- 文章の日本語訳

EFFの記事、日本語訳が出てる。 > アーロン・シュワルツの死でみんな目が覚めた、コンピューター犯罪者に適用される厳しい法律を見直そう! bit.ly/WycdbK

※ここ、まだ増えるはず

- Yomoyomoさんの「まとめ」と過去の記事や翻訳

Aaron Swartzについては他の人も書くしいいかとも一瞬思ったが、ワタシは彼について何度も書いてるし、彼の文章をいくつも翻訳している。彼には限りない恩義を感じているし、今後も彼の仕事に驚かれるだろうと当然のように思っていた。無念だ d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20130…

そして、彼にはこれからできる仕事がまだまだいっぱいあったはずなのだ。彼のコードで世界が変わるはずだったのだ。そうした力のある人がどれだけいるだろう。彼はそうした紛れもなくハッカーでありながら、テクノリバタリアンと一線を画す人間性への信頼を持ち合わせた人*だった。

* http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20120216/aaswartz "アーロン・シュワルツに見るネットネイティブ世代的SOPAとの戦い方"

彼についてよく知らない人はまず2007年のインタビュー**、そして私のような仕事につく方法***や生産的になろう****を読まれるのがよかろう。

ちょうど How to Get a Job Like Mine* という彼のこれまでの活動を振り返る文章が公開されていますが、彼が最初に作ったアプリケーションは Wikipedia のようなものだったそうです。物心ついたときからパソコン/インターネットがあった、にとどまらず、最初からネット上でアプリケーションを作り始めた彼にこそ真のネット世代のあり方を当方は感じます。何より彼はまだハタチそこそこです。これからも幅広く刺激的な仕事を為すに違いありません。

インターネットを最大限活用して政治をより良くしようという試みとして、先週若き天才アーロン・シュワルツが立ち上げた watchdog.net も注目です。以下、彼のブログエントリの内容を要約しながら解説します。

アーロン・シュワルツは "political insanity season in the US" という表現を使っていますが、今回の新プロジェクトの契機となったのはやはり大統領選挙を巡る狂騒だったようで、プログラマーが政治に関わる有効なやり方について、おそらくは彼と同じ若き俊英たちと議論を重ね、いろんなアイデアを出し、そして何か掴めたという確信が watchdog.net になったそうです。……

2008年、11月の大統領選挙ではバラク・オバマ(民主党)がジョン・マケイン(共和党)に勝ち、米大統領になりました。4月の段階ではまだ各党の候補者を決める予備選挙の最中。(民主党はこのころは既にもうオバマとヒラリー・クリントンに絞り込まれていたように記憶しています。)

で、08年の米国の大統領選挙が「盛り上がった」ことについては、「オバマ陣営のネット戦略」みたいなことは日経みたいなところでも語られましたが、アーロンたちの活動のようなものについては日本語ではほとんど……

1 2 3 4 5 6 7





作った「まとめ」の一覧は:
http://matome.naver.jp/odai/2133787881446274501

※基本的に、ログを取ってるのであって、「まとめている」のではありません。