1. まとめトップ

就職に待った!ブラックな建設業界 まとめ

このまとめでは建設業界の知られざる実態をまとめていきます。

更新日: 2015年12月20日

趣味人さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 340016 view
お気に入り追加

大学受験はよく考えて受験するべきである

工学部などに進学する理系の高校生諸君、やめとけ。時代はITだ。

建設業界は年々業界規模が縮小しており、新築よりも維持補修の時代に突入している。

ものづくりの時代は終わった。

IT企業のGoogleJAPANのオフィスは近未来的

建設業に就職すればこんな職場。。。

こんなボロボロのプレハブハウスで35年も仕事しますか???

あの黒い筒に図面を入れて薄い手さげのバッグでスマートに大学ライフをエンジョイ・・・・そんなわけない。

あんな筒は大学生が建築学科だとアピールするだけのもの。そのために人生を棒に振るのか???

社会人になれば図面はパソコンで。
納品はデータで行われ、1日15時間は図面と見つめあう。

給料面以外で言えば、全ての職業の労働底辺と言っても過言ではない

単純に言うと、給料を勤務時間で割って時給を単純計算すると、400円ぐらいから650円になる。

自己中な職人に人格否定や暴言、罵倒される仕事と言って良い

職人にバカにされるが決して職人はバカではない。中卒かもしれないが優しい人も多い。しかし一方でDQNな人も多い。

就職したら地獄の日々が待っている。

基本的に土曜日は仕事である。

建設業界では常識だが、あえて書かせてもらう。
土曜日は通常出勤日と考えて良い。

残業がハンパない

日が変わって帰ってきて、次の日も朝が早いので帰宅してシャワーを浴びてまた出勤。
そんなこともしばしば。

入社半年は同期同士で給料の金額の大小を自慢する。1年後には休日の多さを自慢する。

入社半年は『おれ、こんなに給料貰ったぜ~』
1年後、『おれ、今月こんなに休む時間あったぜ~』

世間は三連休だが、物造りに休みはない!

って普通に労働基準法を完全無視。仕事のやりがいや誇りを美談にする。そして社員に押し付ける。

清水建設のCM(きっときっとできるよね~♪)はその名の通り、できるよな???ん???できるよな??って押し付けてることを意味する。

選択肢は常に『はい』と『YES』しか用意されていない。

カレンダーの見方が変わる

【日・月・火・水・木・金・土】が、
【月・月・月・月・月・月・月】になる。

工期が迫っていると一週間が14日の1日10時間労働に変わる。

上司には逆らえない。

どの世界も同じだが、叩き上げの現場重視の上司ならがっつり体育会系で上下関係が非常に厳しい。

出世しないと給料は良くない

出世するためには資格が必要になります。

出世には体が丈夫であることが一番の大前提

多くのゼネコンでは休日出勤手当が出る

だいたい1日でて2千円ぐらいが経験上多いです。
12時間働いても2千円です。

スーパーゼネコンと中小ゼネコンは大違い。

中小ゼネコンでは職人に暴力や苛められるケースが多い。

そもそも業界規模は数兆円なのに建設会社が多すぎる

業界規模は15兆円大きいが建設会社が多いので仕事の取り合いが発生

その中でより安く、より早くが求められるため、寝ないで工事することが習慣になってしまう。

1 2 3





趣味人さん

いろんなことに興味があって、不公平が大嫌いです!!