1. まとめトップ

花粉症用目薬まとめ

花粉症対策目薬をまとめました。購入前に薬剤師さんに相談すればぴったりの目薬を選んでくれると思いますが、薬屋さんに行く前の参考にしてくださいね。

更新日: 2017年02月08日

283 お気に入り 352985 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ariel1さん

花粉症用の目薬を買う前の症状チェック

目がかゆくてたまらない!でも、それは本当に花粉症の症状でしょうか?花粉症用の目薬を気軽に購入する前に、ちょっとチェック項目をごらんください。

・片方の目だけ、かゆみなどの症状がある場合
・目はかゆみなどの症状があるが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻の症状はない場合。
・目がかすんだりして、ものが見えにくいなど視力に影響がある場合。

これらのアレルギー症状は、ハウスダスト、はやり目やドライアイでも同じ症状がでることがあります。また、異物やコンタクトレンズが原因の場合もあるのです。

もし症状チェックに当てはまる項目があるときは、花粉症の症状でない場合がありますので、まず医師の診断をうけてください。

花粉症対策目薬

抗アレルギー剤「クロモグリク酸ナトリウム」を配合した「アレルギー専用」点眼薬です。
「クロモグリク酸ナトリウム(抗アレルギー剤)」が肥満細胞膜を安定化し、目のかゆみ・目の充血等のアレルギー症状を引き起こす誘発物質(ヒスタミン等)の放出を抑制します。
「クロルフェニラミンマレイン酸塩(抗ヒスタミン剤)」がヒスタミンの受容体結合をブロックし、すでに起きてしまった症状を緩和します。
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/ag_eyes/index.jsp

抗アレルギー成分「ケトチフェンフマル酸塩」を配合したアレルギー専用点眼薬
花粉・ハウスダストなどによるつらい目のかゆみ、目の充血、なみだ目などのアレルギー症状に優れた効果を発揮
抗アレルギー、抗ヒスタミン、抗炎症の3つの作用でつらいアレルギー症状をコントロール
http://www.zaditen-al.jp/product/eyelotion.html

ダブルの作用(抗アレルギー+抗ヒスタミン)で花粉・ハウスダストなどによる目のかゆみ・充血を抑えるアレルギー専用目薬です。かゆみなどのもと・ヒスタミンの放出を抑え(抗アレルギー作用)、放出されてしまったヒスタミンの働きも抑えます(抗ヒスタミン作用)。
http://hitomi-sukoyaka.com/product/sante_alfree.html

サンテALクールIIは、抗ヒスタミン剤などがかゆみ・充血を効果的に抑えるだけでなく、炎症で傷ついた組織の修復を促す成分を配合した目薬です。さらに、スッキリとしたクールなさし心地で、目に爽快感を与えます。
http://hitomi-sukoyaka.com/product/sante_al_cool_ii.html

クロモグリク酸ナトリウム・プラノプロフェン・クロルフェニラミンマレイン酸塩の3つの有効成分に加え、角膜保護成分コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを新配合。医療現場の治療の考え方を採用した処方で、つらいアレルギー症状だけでなく、炎症を伴う症状にも優れた効果を発揮します。
http://www.rohto.co.jp/alguard/prod/kin01.html

洗眼薬

つらい花粉の季節に、目の健康を考えた薬液で目を洗って花粉やホコリを取り除き、眼病を予防します。抗ヒスタミン剤や抗炎症剤を配合しているので、花粉でお悩みの方にもおすすめです。
http://www.kobayashi.co.jp/brand/eyebon/products/eyebon_7.html

関連リンク

1