米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究者が、生の野菜など未加工の餌と、糖分をたっぷり含んだ栄養価の低い餌を6カ月間マウスに与えて観察したところ、ジャンクフードに似せた餌を食べたグループは当然のことながら体重が増加し、疲れやすくなることがわかった。

また座りがちになり、動作ものろくなることが認められた。実際、ジャンクフード食のマウスは何をするにも”休憩”を多く長くとるようになり、タスクの見返りのご褒美をちらつかせても動こうとしないこともあったという。

さらに、6カ月のジャンクフード食の後、栄養価の高い餌に切り替えてもしばらくは増えた体重は減らず、怠け習慣も抜けなかったという。

出典ジャンクフードを食べ続けると怠け習慣がつく?疲れやすく、座りがちに - IRORIO(イロリオ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これではもう食べれない?ファーストフード(ジャンクフード)の悪評の数々

肥満の天敵だということは知っているファーストフードですが、最近の調査や研究結果から病気や様々なリスクを高めてしまう危険性があることがわかってきました。悪評ばかりのこの食べ物はもう口にしないほうがいいのか?

このまとめを見る