インターネットの掲示板では「酸味を認識できないってことは (中略)腐ってても臭いが酷くなければ 気付かず食ってしまうってことだよね?」という書き込みがあった。これは、味覚を判断できないことが、生命維持に関わる本能を疎外しているのではないかと指摘したものだ。

関西国際大学の堀尾強 教授によれば、「甘味」はエネルギー源のシグナル、「塩味」はミネラルのシグナル、「酸味」は腐ったものや未熟なもののシグナル、「苦味」は毒のシグナルを感知する役割を持つといい、これらのシグナルから、人は口にしてはいけないものを察知して、危険を回避しているという。

このことから、前述のコメントもあながち間違いではないと言えるかもしれない。

同研究を行った植野教授は、子どもたちの味覚を育てることが必要だと話している。

出典ジュースやファーストフードを毎日食べていると味覚がわからなくなる? - IRORIO(イロリオ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これではもう食べれない?ファーストフード(ジャンクフード)の悪評の数々

肥満の天敵だということは知っているファーストフードですが、最近の調査や研究結果から病気や様々なリスクを高めてしまう危険性があることがわかってきました。悪評ばかりのこの食べ物はもう口にしないほうがいいのか?

このまとめを見る