1. まとめトップ

マウスを使わない本気のキーボードテクニック!

文字入力後にマウスを使うまでの腕の動作が面倒と感じる人に、本気のキーボードテクニックをお教えします!

更新日: 2013年01月15日

110 お気に入り 87466 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

SYLPHYさん

はじめに

キーボードからマウスまでの距離はおよそ20cm。
この動作を1日に何回くらい行っていますか?

この動作って何度も行うと意外と疲れます。
そして往復するの短いですが時間もかかります。

文字入力の状態を保ちつつマウスの動作も行えることが理想ですが限界があります。
そんな理想に近づくために、いろいろと探した結果をまとめました。
少しでもご活用頂けたら幸いです。

【両手の置く位置】

今回使用するのはテンキー付きのSONY VAIO。
OSはWindows 7です。

最近の主流となったテンキー付きのワイド型ノートPCです。
※文中に出てくるWindowsキーとは、左の画像のFnキーとAltキーの間にある窓のアイコンのキーです。

左手

薬指をTabキーに置き、親指をAltキーに置く
※わかりやすいように、中指と人差し指は上にあげています。普段はwとdに置く形になります。

Tabを中指ではなく薬指にしているのは、ウィンドウを閉じるショートカット【Alt + F4】を親指と薬指で行いたいからです。
※中指でTabを操作するとウィンドウを閉じるショートカットをスムーズに行えません。F4を人差し指または中指で押す場合にほとんどの人が手首を動かさないといけないからです。

<左手の基本動作>
・アクティブウィンドウの変更【Alt + Tab】
・アクティブタブの変更(IE、Chrome)【Ctrl + Tab】※この時のCtrlは親指
・ウィンドウを閉じる【Alt + F4】
・その他AltとCtrlを使用する動作

※後程、ショートカットキーを紹介します

右手

人差し指をEnter もしくは テンキーの7に置き、中指をテンキーの9に置く。
親指を矢印の上(どこでもよい)に置き、薬指をテンキーの3に置きます。

※NumLockキーはOFF(数字が打てない状態)です。

<右手の基本動作>
・矢印の動作
・Home、End、PageUp、PageDownの動作
 テンキー7:Home
 テンキー1:End
 テンキー9:PageUp
 テンキー3:PageDown
・Enterキー
・Back Spaceキー
※右手でのショートカットは行いません

【windowsキーからのプログラム起動】

スタートメニューにあらかじめよく使うプログラムを登録します。
登録したプログラム名称の頭に、そのプログラムを1字表すような英数字を記入します。
※自分で覚えやすい文字を記入

<基本動作>
windowsキーを実行するとスタートメニューが起動します。
その後に、自分が登録した1字を押すとそのプログラムが選択されます。
選択されたらEnterキーにて実行することができます。

windowsキーを押した後に e を入力した状態。
Excelが選択された状態になりますので、Enterを押して実行されます。

ただし、これを行うには、Windows Searchの無効化が必要です。
Windows Searchの無効化を行わないと、ウィンドウズキーを押した後の文字入力が検索ボックスの文字入力になってしまうからです。

Windows Searchの無効化

コントロールパネル→プログラム→Windows の機能の有効化または無効化

Windows Search のチェックを外し、OKを押します。
※再起動を促すメッセージが表示されますので、再起動してください。

※スタートメニューへの登録方法

【主要ショートカットキー】

・アクティブウィンドウの変更【Alt + Tab】※+Shiftで逆回し
 ※Alt:左親指、Tab:左薬指

・アクティブタブの変更(IE、Chrome)【Ctrl + Tab】※+Shiftで逆回し
 ※Ctrl:左親指、Tab:左中指(Shift:Ctrlと同じ左親指)

・ウィンドウを閉じる【Alt + F4】
 ※Alt:左親指、F4:左中指

・デスクトップを開く【windos + d】
 ※windows:左親指、d:左人差し指

・コンピューターを新規ウィンドウで開く【windos + e】
 ※windows:左親指、e:左中指

・アクティブタブの変更(Chrome、Excel)【Ctrl + PageUp or PageDown】
 ※Ctrl:左親指、PageUP:右中指、PageDown:右薬指

・ページを進める(IE、Chrome)【Alt + →(矢印の右)】
 ※Alt:左親指、→:右親指

・ページを戻す(IE、Chrome)【Alt + ←(矢印の左)】
 ※Alt:左親指、←:右親指

【便利なショートカットキー】

・選択した文字やファイルをコピーする【Ctrl + c】
 Ctrl:左薬指、c:左人差し指

・選択した文字やファイルを切り取る【Ctrl + x】
 Ctrl:左薬指、x:左人差し指

・コピーまたは切り取った文字やファイルを貼り付ける【Ctrl + v】
 Ctrl:左薬指、v:左人差し指

・ファイルを上書き保存する【Ctrl + s】
 Ctrl:左薬指、s:左人差し指

・ひとつ前の状態に戻す【Ctrl + z】
 Ctrl:左薬指、z:左人差し指

・ひとつ後の状態に進める【Ctrl + y】
 Ctrl:左小指、z:左人差し指

・ファイルの一番最初へ移動する【Ctrl + テンキー7(Home)】
 Ctrl:左薬指、テンキー7(Home):右人差し指

・ファイルの一番最後へ移動する【Ctrl + テンキー1(End)】
 Ctrl:左薬指、テンキー1(End):右人差し指

・全角状態で半角スペースを入力【Shift + スペース】
 Shift:左薬指、スペース:左親指

・全角カタカナ文字に一発変換【F7】
 F7:右人差し指

・印刷を行う【Ctrl + p】
 Ctrl:左薬指、p:右薬指

※押す指を指定していますが、行っている作業で押しやすい指を使用してください。
 上記は、ショートカット後になるべく文字入力を行いやすい指を指定してます。

1 2