1. まとめトップ

尻からオイルが止まらない!!美味で危険な「インガンダルマ」とは

深夜のテレビですごく気になる珍味を紹介していたので調べてみました。

更新日: 2014年11月28日

savoyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 244099 view
お気に入り追加

■南の島に「インガンダルマ」という超ウマい珍味があるらしい

その正体は「アブラソコムツ」「バラムツ」という深海魚。
大島諸島の方言でそれらの魚を「インガンダルマ」と呼ぶ。。

■しかし、そのおいしさには危険が伴う

「インガンダルマを食すときはパンパースをはいて食べろ」

■食べ過ぎると体のある部分から油が染み出してくる!!

20センチほどのブロックを全部食い尽くしたのだが、結論からいうと、やはりお漏らししておりましたね。

厚さ3ミリで3切れまでが安全ラインで、干物は5切れ以上食べるとどんな人でも十数時間後には出る

■人間の身体では消化できない脂がたっぷり乗っているらしい…

この魚の脂は『ワックスエステル』でできていて
人間の体では消化できないそうです。

大量に摂取すると、皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出す、あるいは下痢や腹痛を起こす場合があり、

とくに多量に摂食するなど重症の場合、下痢による脱水症状やそれに伴い昏睡状態に陥る症例も報告されているので注意を要する。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

■食品衛生法で販売禁止指定されている

厚生労働省は食品衛生法第6条2項(有害な物質を含むもしくはその恐れのある食品)に該当する食品として販売禁止指定しており

釣獲するか漁網に掛かり廃棄されるものを分けてもらうなど、売買以外の方法での入手は可能である。

■テレビ番組で何度もネタに

月曜から夜ふかし 「沖縄販売禁止の魚インガンダルマって?」

「ごきげん!ブランニュ 」で赤井英和が 「インガンダルマ」 という魚を食べる企画がありました。

探偵!ナイトスクープ 長原成樹探偵が調査した『幻の魚はトマラナイ!?』

危険は承知で、いちど食べてみたいぞ!!

1





savoyさん

私の職業はOLです。