1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

中国は社会主義国なのに格差拡大で国民の不満を押さえ切れなくなった。
人民の稼ぎは 特権層の不正海外流出合計約300兆円になって・・・

いつまでも下層人民は豊かにはならない。
人民解放軍の大量のリストラ失業者、統制の聞かない外資系労働者、出稼ぎの農民工、仕事のない若者たちは

不満だらけで、些細なことで暴動が始まり・国中頻発している。
格差の少ない元の毛沢東時代に帰れないなら政府転覆をもと・・

避けるため。 気をそらすため、日本に戦争仕掛けるのかもしれない。
全面戦争になれば 数で少ないミサイルは防げない

日本にはそのような多数の長射程ミサイルによる飽和攻撃から国民を守るための防衛能力は存在しない(この実情に関しては次回記述する)ため、実際に攻撃を受けた場合には電力供給をはじめとする日本の社会的インフラは瞬く間に壊滅し、日本は破滅する。

相応のステルス性を備えた殲31が攻めてきたら、F-15やF-2など既存の自衛隊機では太刀打ちできない可能性は大いにある。

反日デモの際にも毛沢東の肖像画や「自由、民主、人権」と書かれた横断幕を持ち込み、格差を拡大させた政府批判に転化させようとした層がいたが、反日から反政府への転化は中国政府が最も警戒するところだ。

「航空戦力による対峙(たいじ)は、船舶とは違い、一瞬のミスで直ちに戦争へとつながる可能性
が高い」と指摘

1

関連まとめ