1. まとめトップ
0 お気に入り 149 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

konpeitoureさん

学校週6日制「完全実施には高いハードル」 教職員の勤務時間ネック

文部科学省が学校週6日制の導入検討を始めた背景には、自民党が政権公約に掲げた「世界トップレベルの学力」を実現させる狙いがある。ただ導入には教職員の増員や社会の理解が必要不可欠。省内からも「完全実施にはハードルが高い」との声が出ている。

現行の学校週5日制は、昭和61~62年の臨時教育審議会の答申に盛り込まれ、平成4年9月から月1回の土曜休業で始まった。導入趣旨は「ゆとりある中で、子供たちの自ら学び考える力を育むこと」とされたが、一方で一般社会が週休2日制に移行する流れの中で「教職員の勤務時間を改善する目的があった」(文科省幹部)のも事実だ。

 このため、週6日制に戻すためには、まず、教職員の勤務時間の問題をクリアしなければならない。教職員の勤務時間は、法律で週40時間と定められており、土曜授業を実施するには、教職員の増員が不可欠となる。しかし、文科省幹部は「少人数学級実現のための教職員増員でさえ財務省が難色を示す中、これまでやり繰りできた態勢からの増員は容易ではない」と話す。

 また週5日制は長年、社会に定着してきたため、土曜授業の復活には、地域や関連産業にも大きな影響を与える。学校行事や地域でのスポーツ活動、体験学習のほか、学習塾なども土曜日の使い方として一般的になっているからだ。

 ただ、土曜授業復活を求める声は保護者の間で強い。東京都小学校PTA協議会が22年に実施した調査では、保護者の86%が土曜授業を「必要」と答えた。

 文科省によると、23年度には公立小の5・7%、公立中の6・4%が土曜日などに保護者や地域住民向けの公開授業を実施。東京都は22年度から、月2回を上限に土曜授業を実施しており、国語や数学など通常の授業をしている学校もあるという。

 ゆとり教育を見直し、授業時数を増やした学習指導要領が導入されたことにより、週5日制では平日のほとんどが6時間授業となり、学校現場では「教員が放課後、多忙になっている」との声が少なくない。

 元公立中学校長で東京学芸大教職大学院の今井文男特任教授は「平日の放課後に、いじめや不登校、保護者対応などに使う時間がなくなっており、土曜授業を月2回程度復活させて平日の負担を軽減させることが望ましい」と話している。

ティーンエージャーはFacebookよりTumblr--米調査

米国のティーンエージャーの間では、必ずしもFacebookがソーシャルネットワークで1番の人気というわけではないようだ。

 これが、投資家のGarry Tan氏が行った調査で分かったことだ。

 同氏はY Combinatorが支援する市場調査サービスSurvataの助けを借りながら、13~18歳と19~25歳の2つのグループの計1038名に、日常的に使用するサービスを聞いた。

 調査結果によると、多くのティーンエージャーは「Facebook」よりも規模では劣る「Tumblr」を利用しているという。

 またティーンエージャーはInstagramも好んでいる。またSnapchatもそこそこの人気を獲得しているようだ。

 これらの結果は、Branchの共同創業者Josh Miller氏が15歳の妹に行ったインタビューの結果とも一致する。

 Miller氏(と妹)の結論は、Facebookの「ブランド力が取り返しがつかないまでに低下している可能性がある」というものだった。

益若つばさ、ブログで心境「やましいことは何もない」

元モデルの梅田直樹さん(30)との離婚を発表したモデルの益若つばさ(27)が16日、自身のブログで改めて離婚について言及した。

益若は「思っていた以上に騒がしい感じになってしまい、みなさんや周りの方々にもご迷惑をかけてしまってごめんなさい」と謝罪した上で、さまざまな報道がなされていることに「憶測で突き詰めたいのはわかりますが、世の中情報が全てではないと思うし、全てを文字や言葉にしなくてもいずれ伝わるものってあるはずだから…今は静かに待ちます」と心境を明かした。

 梅田さんは自身のブログで「前々から主としてやっていたもう一つの仕事をしながら“一般男性”として静かに暮らしていきます」と芸能界引退を表明。益若も「やましいことは何もないし、私自身は周りに何を言われても大丈夫です。表に出ている以上受け止めます。ただ…、彼の事はどうか今後も温かくそっと見守ってください。お願いします」と呼びかけ、離婚理由は明かさず「今後も含め、これ以上は何もお話しできないのはご理解ください」とした。

 梅田さんも明言は避け、ツイッターで「これ以上何もお話できません。真実は全て墓場に持っていきます」「二度と結婚はしません」などと綴っている。

井岡一翔 “セレブモデル”ソンミと熱愛 USJ、梅田でデート目撃

ボクシングのWBA世界ライトフライ級王者の井岡一翔(23)と、セレブキャラで人気上昇中のタレントのソンミ(24)が交際していることが15日、分かった。

出会いは昨年7月のテレビ番組での共演。共通の知人がいたこともあって親交を深めていき、同9月ごろから交際をスタート。ソンミが井岡の住む大阪に通い、デートを重ねている。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で一緒に歩いたり、梅田の繁華街で食事やショッピングを楽しむ姿が度々目撃されており、親しい知人は「堂々としたもので、2人の関係がバレてしまってもいいと思っているみたい。真剣に交際していることの証明かも」と証言。遠距離恋愛をものともせず、多忙なスケジュールの合間を縫って愛を育んでいるようだ。

 昨年大みそかには大阪・ボディメーカーコロシアムで行われた井岡の世界ライトフライ級王座決定戦をソンミがリングサイドで観戦。懸命に声援を送り、恋人が勝利すると大喜びする姿が周囲で見られている。

1