1. まとめトップ

【偲ぶ】スペンサー by ロバート・B・パーカー

ロバート・B・パーカー氏を偲んで、スペンサーシリーズの表紙一覧。

更新日: 2016年02月07日

5 お気に入り 19923 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

webhibiさん

http://goo.gl/hwrSc ← ロバート・B・パーカー - Wikipedia
ロバート・ブラウン・パーカー(Robert Brown Parker, 1932年9月17日 - 2010年1月18日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の作家。
1973年、私立探偵スペンサーを主人公としたハードボイルド小説『ゴッドウルフの行方(The Godwulf Manuscript)』で小説家デビュー。
以後、スペンサーシリーズを中心に、ジェッシィ・ストーンシリーズ、サニー・ランドルシリーズ等がある。

〔スペンサー・シリーズ〕大学で厳重に保管されていた中世の貴重な写本が何者かに盗まれた。大学当局の依頼を受けたスペンサーは、犯人と目される学内過激派の女性に接触をはかる。が、彼女は突如起った殺人事件の有力容疑者となってしまった。事件の渦中に立ったスペンサーは……話題のヒーローのデビュー作!

〔スペンサー・シリーズ〕家出した息子ケヴィンを捜してほしい――両親の依頼で調査を開始したスペンサーには、それが単なる家出とは思えなかった。やがて両親のもとに、こま漫画形式の身代金要求状が送りつけられてきた! スペンサーの恋人スーザン・シルヴァマンが初めて登場するシリーズ第二作。新訳決定版

〔スペンサー・シリーズ〕大リーグのエースに八百長試合の疑いが……球団からの極秘の依頼で調査に乗り出したスペンサーは、事件の裏に潜む醜悪な脅迫を探り出す。無力な人々に群がるハイエナに、スペンサーの怒りが炸裂した! 現代の騎士、私立探偵スペンサー登場。人気沸騰のシリーズ会心作、待望の新訳。

〔スペンサー・シリーズ〕依頼人の家出した妻は、ウーマンリブ運動家たちがくわだてた銀行襲撃事件に巻き込まれ、夫は凄腕の借金取立て屋につきまとわれていた。スペンサーは、二人のトラブルを一挙に解決すべく、一計を案じるが……現代風俗と男女のあり方を鮮やかに描出するアメリカ探偵作家クラブ賞受賞作。

車椅子の老富豪は、そこだけが生命の火を燃やしているような両眼を、ひたとスペンサーにすえた。妻子を殺したテロリストどもを捕えてほしい。標的は9人、報酬は1人につき2500ドル、ただし生死は問わない…。老人の怒りを見たスペンサーは、敢えて賞金稼ぎを引き受ける。ロンドンへ飛んだ彼に、テロリストたちの反撃がはじまった。再三の死闘に傷ついたスペンサーは、ついにボストンへ連絡をいれる。「ホークをよこしてくれ」ヨーロッパ各地を転戦する2人は、組織のリーダーに迫るが。―雄大なスケールで放つ、シリーズ屈指のアクション篇!

〔スペンサー・シリーズ〕レズビアンを公言し、女性解放論者である急進的な著作家レイチェル――出版社の依頼で彼女の護衛についたスペンサーは、やがて彼女と衝突して解雇されてしまう。だが二カ月後、レイチェルが誘拐されたことを知ったスペンサーは、彼女の行方を求めて大雪に閉ざされたボストンを走る!

〔スペンサー・シリーズ〕固く心を閉ざし、何事にも興味を示そうとしない少年ポール。離婚問題のいざこざの渦中に立つ彼と出会ったスペンサーは、彼を自立させる決心をした。ボクシング、ジョギング、大工仕事……スペンサー流のトレーニングが始まる。ハードボイルドの心を新たな局面で感動的に描いた代表作。

スペンサーを西海岸に行かせたのは、レイチェル・ウォレスからの電話だった。友人のテレビ局のニュース記者キャンディ・スロゥンが、護衛を必要としているというのだ。依頼を受けたスペンサーがロス・アンジェルスに着いた晩、キャンディは何者かに襲われた。彼女が追っている映画撮影所の賄賂がらみの不正事件の公表を恐れた人間の仕業らしい。だがキャンディは脅迫に屈せず、女であることの武器を最大限に利用して、調査を続けていく…ロス・アンジェルスを舞台に“女性誇示”の依頼人とそれを助けるスペンサーの捨て身の捜査を描く会心作。

〔スペンサー・シリーズ〕スーザンがカウンセリング指導をしている少女エイプリルが姿を消した。もともと悪い噂が絶えず、売春組織に関わっていた可能性もある。母親に懇願され少女救出を引き受けたスペンサーとホークは、ボストンの歓楽街深く潜入した! 揺れ動く少女の性に鋭くメスを入れたシリーズ問題作!

〔スペンサー・シリーズ〕上院に打ってでようというアリグザンダー下院議員の警護を引き受けたスペンサーは、彼から驚くべき事実を打ち明けられた。何者かが妻のあられもない姿が映っているビデオを送りつけてきたというのだ。ホークの友情に支えられ、スペンサーが政界を覆う黒い霧に挑む、好調シリーズ第10弾
 
※規定によりそのままの画像は表示できないそうですので、不本意ですがぼかしました。

「わたし、どうしても一人でいたいの」そう言ってスーザンは去っていった。西海岸で新しい仕事につくという。呆然とするスペンサーのもとに、舞踏団に職を得た友人ポールが、仕事の依頼を持ちこんできた。狂信的な宗教集団〈ブリーズ〉に連れ去られた女性ダンサーを捜してくれというのだ。自分との孤独な闘いの中で、闇に包まれた宗教集団に立ち向かうスペンサー。スーザンとの関係が新たな局面を迎えるシリーズ注目作。

西海岸へ去ったスーザンから手紙が来た。留置場に入れられたホークを助けてほしいという。スーザンは新しい土地で恋人を得たが、スペンサーとの間で悩み、見かねて訪ねたホークが逆に恋人の罠にはまったのだ。そればかりか、今度はスーザンがその恋人にどこかへ拉致されてしまった。ホークを脱獄させたスペンサーは、彼女を求めて決死の捜索行に乗り出す! 雄大なスケールと息もつかせぬアクションで放つ、シリーズ話題作

〔スペンサー・シリーズ〕十六歳の時、自ら売春婦の道を選んだエイプリルが突然姿を消した。彼女が売春婦を食い物にする悪質な店にいることを突きとめたスペンサーは、なんとか連れ戻そうとするが、数日後、エイプリルはふたたび失踪してしまった。背徳の街で巨大な悪に闘いを挑むスペンサー! 『儀式』の続篇

〔スペンサー・シリーズ〕田舎町でコカイン密売を追っていた新聞記者が惨殺された。不倫の清算か、密売組織の仕業か? 調査を依頼されたスペンサーは、事件に関係した三人の女、地元実業家の妻、警察署長の妻、若いソーシャル・ワーカーをつきとめるが……非情なドラッグビジネスの世界に挑むスペンサーの苦闘

ボストンの街は異常な連続殺人事件に恐れおののいていた。被害者はみな黒人女性で、股間を撃ち抜かれ、胸には赤いバラが残されていた。警官と自称する犯人の手紙を受け取ったクワーク警部補は、外部の人間であるスペンサーに協力を求め、独自の捜査グループを作る。ところが、スペンサーに挑戦状が届き、精神科医である恋人スーザンに危険が迫るにおよんで事態は一挙に緊迫した。狂気の殺人鬼に立ち向かうスペンサー。

〔スペンサー・シリーズ〕全米大学バスケットボール・リーグの有力校に八百長の疑いが? 調査を依頼されたスペンサーは、リーグ最強の黒人選手ドウェインが巧妙に得点操作をしていることに気づく。将来を約束された彼がなぜそんなことを? 八百長事件に巻き込まれたスター選手のために一肌脱ぐスペンサー!

〔スペンサー・シリーズ〕ハリウッドの人気女優ジル・ジョイスは、謎の脅迫を受けて怯えていた。スペンサーは身辺警護と調査に当たるが、気難しいジルは協力的ではない。やがて、ジルのスタント役が死体で発見され……ショウ・ビズ界に実在するスターたちの様々な逸話をちりばめた、スペンサー流ハリウッド物語

[スペンサー・シリーズ]スペンサーとの出会いから十年が過ぎ、ダンサーとしてすっかり成長したポールが、新たな問題を抱えスペンサーの前に現われた。母親パティの行方がわからないという。調べると、彼女はボーイフレンドと駆け落ちしており、しかもその男は犯罪組織の金を持ち逃げしていた。ポールのためにパティを救おうとするスペンサーは、必然的に組織と渡りあうことになるが……『初秋』の少年ポールが再登場。親子と男女の絆を描く名作。

〔スペンサー・シリーズ〕少年ギャング団の縄張りで、14歳の少女と彼女の赤ん坊が、12発の銃弾を撃ち込まれて殺された。卑劣な犯行に憤るスペンサーとホークは、犯人とおぼしきギャング団と直接対決すべく、彼らの拠点に乗り込んでいった! スペンサーとスーザンの関係に新たな転機が訪れる、シリーズ注目作。

〔スペンサー・シリーズ〕名家の女主人が何者かに殺された。警察の捜査に業を煮やした被害者の夫は、スペンサーに調査を持ち込む。被害者に恨まれる理由はなく、通り魔の犯行に思えた。が、被害者の家族と会ったスペンサーは秘密の気配を感じる。幸せな家族の姿は幻影か? もっとも精緻なプロットで贈る第20作

恋人のスーザンたっての願いで、スペンサーは彼女が理事を務める劇団の美術監督を尾ける不審な影の正体を探ることになった。しかしその矢先、劇団の俳優が射殺され、その犯人捜しも依頼される。さらに理事の一人を尋問した直後中国人ギャングが手を引けと脅してきた。警察も非協力的ななか、スペンサーは助っ人にホークとギャングのヴィニイ・モリスを呼び寄せるが…重層的なプロットで読みごたえ十分のシリーズ迫力篇。

スペンサーの朋友ベルソン部長刑事は、失踪した新妻リーサの捜索中、何者かに撃たれて重傷を負った。瀕死の彼に、調査を引き継ぐことを誓ったスペンサーは、リーサがギャングの男によって拉致され、監禁されていることを突き止める。スペンサーは、ギャングの抗争に乗じてリーサを救い出すべく、ロス・アンジェルスから強力な応援を迎え入れた―極限状態におかれた人間の絶望と勇気を描ききる、シリーズ中屈指の感動作。

〔スペンサー・シリーズ〕ギャンブルに狂った男が忽然と姿を消した。事件の背後に浮かび上がったのは、暗黒街を牛耳る悪徳ギャングたちの黒い影。失踪した男の手がかりを追うスペンサーは、ホーク、スーザンたちとともに、虚飾の街ラスベガスへと飛ぶ! 人気キャラクター総出演でおくる、シリーズ第二十三作。

元検事補の女性から、スペンサーは一年半ほど前に彼女が担当した殺人事件の再調査を依頼された。容疑者の黒人の男には有罪判決が下っているが、当時充分な弁護がされていなかったのではないかというのだ。スペンサーは調査を開始するが、奇妙なことに事件の関係者は不審な態度を見せ、再三脅迫を受ける。スペンサーは愛するスーザンに警護をつけ、敢然と真相を追及する。が、何者かに銃撃され、瀕死の重傷を負うことに。

〔スペンサー・シリーズ〕スーザンの元夫がセクハラで訴えられた。複雑な思いを胸に、スーザンはスペンサーに助けを求めるが、当人は容疑を否定し弁護士を雇おうとしない。訴えた女性の夫は法曹界の大物で、妥協の余地はない……元夫の出現で生じたスーザンとの溝。はたしてスペンサーはそれを埋められるのか?

ネヴィンズ教授は自殺した学生と同性愛関係だったのか?教授の潔白を証明するよう依頼されたスペンサーは、学生がゲイの著名人を暴露するミニコミ誌を作っていた事実を突きとめる。同時にスペンサーは、スーザンの友人の美女KCをストーキングする男の正体も探っていた。だがスペンサーに歪んだ愛情を抱くKCが、執拗に彼につきまとい…ただならぬ二つの恋愛事件はスペンサーとスーザンの関係に波紋をなげかける。

〈スペンサー・シリーズ〉スペンサー、南部の地でただひとり闘う! 厩舎の馬が次々と銃撃される事件。スペンサーは、前途有望な競走馬を救えるのか?

スペンサーのもとに、遥か南部のジョージア州から依頼人がやってきた。彼の経営する厩舎の馬が何者かに次々と銃撃され、前途有望な競走馬ハガーマガーも狙われているので、犯人を探し出してほしいというのだ。スペンサーは単身ジョージア州に赴く。厩舎は厳重に警備されていたが、スペンサーは不穏な空気を感じ取っていた。競走馬でない馬までも銃撃する犯人の目的は? やがて凶弾は、思いもかけぬ標的に襲いかかった!

1 2