1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ワンシーズン服は〇着あればOK!脱浪費のクローゼット整理術

服/数/断捨離/必要枚数/必要最低限/整理/脱浪費/シンプルライフ/ミニマリスト

更新日: 2017年08月11日

izumi03さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5179 お気に入り 3009803 view
お気に入り追加

①服は何着あればいい?

適量をはかる目安は、次の3つ。
①収納スペースに収納できる量であること
②日常生活に支障をきたさない必要量であること
③手持ちの洋服を把握し、着こなせる量であること

収納スペースがたくさんあって、洋服もたくさん必要という場合でも・・・
忘れていけない大切な目安が、着こなせる量であること。自分の手持ちを十分に把握し、
すべて着こなせなければ、それは、やはり、適量ということにはなりません。

自分で管理できる服の枚数は1人あたり100着。
「春・秋物」「夏物」「冬物」「その他(部屋着やフォーマルなど)」
で各25着ずつ程

・クローゼットの収納法 |リンナイ公式部品販売サイト
http://www.rinnai-style.jp/info/housework/storage/12/
クローゼットチェックリストにアイテム別の数量の目安があります。

トップス9着
ボトムス9着
ワンピース3着
アウター4着

1シーズンの服は3カ月として90日分。
単純に考えれば、ボトムス、トップスのインとアウト、
それぞれ5枚ずつあれば、125通りの組み合わせがあります。

125通りの服装のパターンがあれば、90日、毎日違う服装のコーディネートをしても、
まだ35パターンも余裕があります。
もちろん、合わない服や喪服のように合わせようのない服もありますが、
スカーフやアクセサリーで変化を付けることもできますし、
同じ服装を1シーズンに2回くらいしたって構わないと思えば、実は5枚で事足りるのです。

ボトムス、トップスのインとアウト
それぞれ5枚

「曜日別」なら最高でも7パターンあればよいのです。

場面別に服が必要と思ってしまうと「いくらあっても足りない」と思い困惑します。

トップス5着
パンツ4着
ワンピース2着
スカート1着

結論
ワンシーズンに必要な服の数は、
最大25着、最小7パターン作れる枚数。

だいたいボトムス・トップスのインとアウトそれぞれ5枚ずつ、計15着あればOK。
バランスよく揃え、すべての服を即戦力にする。

②着ている服の枚数は?

ワンシーズンの服を全て取り出し、カテゴリー別に分ける。
①持っている服と、実際に着ている服の枚数を数える。
②コーディネートのパターン数を振り返る。

・夏に着た、服の数。最低限を考える。 | 優柔不断な主婦、きゃっとさんの苦悩の買い物日記。
http://plaza.rakuten.co.jp/kyattosan/diary/201308280000/
→全部で54着あるけれど、実際に着ていたのは…。

着ている服と、持っている服の枚数を
紙に書き出す。

トップス○/○着
ボトムス○/○着
ワンピース○/○着
アウター○/○着
計○/○着

△月~△月まで、
○着で□パターンのコーディネート

③クローゼットに何を残す?

自分の理想像を思い描く

持っている服は、自分の理想像やライフスタイルにあっているか?
本当に着たい服は何なのか、自分をどんな風に見せたいのかをよく考え、
実際に着てみて、必要なもの・不要なものを分けていく。

残した服でコーディネートをしやすいように、
全身のバランスを考えながら、順番に整理する

テイストを統一しながら、残すものを選ぶ。
①バッグ
②アウター
③クツ
④ボトム
⑤インナー(下着ではなく、セーターやシャツなど)
⑥小物(靴下、ベルトや巻物、帽子など)
⑦時計&ジュエリー
自分の理想像に合うバッグを残す、そのバッグに合うアウターを残す、
そのバッグとアウターに合うクツを残す……を繰り返していくと、全身に統一感が出る。

服だけなら、
①ボトム②アウター/羽織③インナー(下着ではなく、セーターやシャツなど)の順番で
やると全身がちぐはぐになりにくい。

自分にとっての適量を維持する。
ハンガーの本数を決めておけば、洋服の量もコントロールできる。
必要な服の枚数がわかったら、ハンガーの量を合わせる。

下着や靴下、タイツやストッキング、
その他ファッション小物なども所有数を決める。

数が少ない分痛みやすく、十分使い切ったうえで、新しいものに買い替えられる。
サイズや好み、流行りが変わった時も入れ替えしやすい。

・意外に知らない下着の寿命!ブラジャーとパンツの換え時って? - Me times(ミータイムス)
https://metimes.jp/articles-064

少ないとしっかり目が行き届く
厳選して、死蔵品をなくす。

関連

1





気になって集めたものを整理。


個人的メモ
2012/12開始
2016/12/10申請済