1. まとめトップ
  2. カラダ

馬でリハビリ?"ホースセラピー"がすごい!

ホースセラピーをご存知ですか?ホースセラピーは、馬のぬくもり、乗馬の姿勢、馬との交流を通して、様々な効果があるとされています。この治癒術をまとめてみました。

更新日: 2013年01月18日

120 お気に入り 52832 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

merokariさん

正式名はホース・アシステッドセラピー

外国では積極的に取り入れられているアニマルセラピーです

第2次世界大戦以降、ヨーロッパを中心に普及し始め、1948年には、イギリスで医学的に公認されているそうです。

日本には「ホースセラピー」という言葉さえ聞き慣れない

日本では、導入もかなり遅れており、行われる場所もわずかというのが現状

乗馬を通じて、あるいは馬の手入れ、馬の飼養管理、厩舎の管理、馬の観察などを通じて、障害者の精神機能と運動機能を向上させ、社会復帰を早めるリハビリテーションの方法の一つ

ホースセラピーを用いてのリハビリもあるんだね〜知らなかった。。 精神的にもリラックスできるみたい! 楽しんでできるのはいいね

≪どんな効果があるのか?≫

医療面で犬や猫によるセラピー効果が認められるのは、現在のところ心理面とその波及効果としての生理面に限られています。ところがホースセラピーの場合は、医療、教育、スポーツの3つの要素を併せ持ち、しかも心身両面への直接的セラピー効果が認められるといわれています。

乗馬はバランスの良い全身運動です。
特に障がい者の方は身体を動かす機会が少なく、呼吸器や骨・筋肉に対して、適度な刺激を与えることができないため、うってつけです。

平衡感覚の効果

立位バランスや歩行バランスが不安定な障害者が、馬の規則正しいリズムに合わせて騎乗することで、平衡感覚を養える

温熱の効果

馬の体温は37.8度~38.5度。
この体温を利用して、緊張した筋肉を暖め、緊張を解きほぐす効果も。

足腰のトレーニング

股関節が柔軟になるようです。

馬との意思疎通、馬の純粋な可愛さから与えられる人の心の安らぎ、満足感、更に乗れるようになれば達成感等があります。

自信・満足感

馬に乗ることで、今まで体験したことのない高い視野、スピード感を得ることができるので、「馬に乗った」という満足感を得られ、更には「大きな馬を操れた」という自信が生まれます。

意思疎通を行える

馬の騎乗中は馬と意思の疎通を図らなければなりません。騎乗者は馬に自分の意思や感情を伝え、馬と友情を結びたくなり、自分自身の意思や感情を十分に表現することが出来ます。

少年院から出てきた少年たちのなかには、解放された、とばかりに脱走する子もいたが、2年半の月日を、乗馬苑で過ごした子どもたちは全員が立派に更生し、進学、就職などそれぞれの道に進み、頑張っている。

▼馬と人間の触れあいが生んだ奇跡の実話はこちら

▼普及するといいな~

ホースセラピーかぁ。癒されて体もほぐれるってすごい!

ホースセラピーってすごく効果があるんだって。 そうそも、動物とのコミュニケーションはとても癒しをくれる。 そして、乗馬はそれだけで、全身の筋肉を一度に鍛え、そしてほぐしてくれるんだって・・・ 素晴らしいよね〜□

ホースセラピー すごくイイリハビリらしい。 アニマルセラピーって犬、猫、イルカとか だいたいメンタル系のコトじゃない? 馬ちゃんは運動障害にも効果的なんですと。 さっきテレビでやってたのは 相模原にある… simplog.jp/pub/tw/1574847…

ホースセラピー!!すごい!!体幹筋力からインナーマッスル、バランス能力とか色んな機能が鍛えられそう!!しかも、動物と触れあいながらだからヒーリング効果も抜群だね♪すごく興味のわくリハビリ!

1