1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

芸能人・有名人のスピード離婚ランキング!

最近の芸能人の離婚はとにかく早いですね。そこで、芸能人・有名人の最速離婚をランキングにしてみました。スポーツ選手などの有名人も含みます。【随時更新予定】

更新日: 2015年02月07日

64 お気に入り 666891 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kurumama23さん

【1位】遠野なぎこ×一般会社員(1回目:72日) ×バー経営の男性(2回目:55日)

先月5日にバー経営の男性(39)と再婚した女優の遠野なぎこ(34)が28日、離婚したことがわかった。30日付の自身のブログで報告した。結婚からわずか55日での離婚となった。

遠野は、2009年5月に一般男性と結婚するも、2ヶ月後の7月に離婚。今年5月にバー経営の男性と再婚し、お互いが近所で暮らす「別居婚」をしていた。

【2位】葉月里緒菜×寿司職人(3ヶ月)

2001年10月、ハワイ在住の寿司職人ギャレット・ウォンさんと電撃結婚。出会って4日で葉月からプロポーズ、約3週間後に結婚した。芸能界引退も示唆していたが、わずか2ヶ月ほどで離婚した。

2004年に不動産会社勤務の一般男性と再婚。

【3位】山本太郎×割鞘朱璃(プロサーファー)(3ヶ月)

山本太郎参院議員(38)は2013年8月6日夜に記者会見を開き、12年5月に結婚した一般女性と同年8月24日に離婚していたことを明らかにした。
離婚の原因は、結婚後自身の活動が原因でほとんど家に帰れず、同じ時間を共有できなかったことが一番大きいとした。離婚をこれまで公表していなかった理由は、「元妻の家庭が複雑で、実家に戻されるリスク、マスコミに追いかけられるリスクから守りたかった」ということだが、私人から公人になったことで隠していたことは明らかにしなければ、との考えで会見を開くことにしたという。

【4位】ビッグダディ・林下清志×三由紀さん(4ヶ月)

「ビッグダディ」ことタレントの林下清志(49)が、4月11日に結婚した一般女性・三由紀さんと8月に超スピード離婚していた。5度目の結婚生活はわずか4か月。これでなんとバツ5だ。

【5位】若山騎一郎×仁美凌(5ヶ月)

【6位】吉川ひなの×IZAM(7ヶ月)

“ままごと婚”と呼ばれたことでも話題になったモデルの吉川ひなのと、歌手のIZAM。2人は1999年に結婚したものの、7ヶ月で離婚しました。

IZAMは2006年に吉岡美穂とできちゃった再婚。
吉川ひなのも2011年に会社経営者・保科爵介氏とできちゃった再婚。

【7位】杉田かおる×会社経営者・鮎川純太(7ヶ月)

2005年1月11日に、日産コンツェルン創始者・鮎川義介の孫である鮎川純太(株式会社テクノベンチャー会長兼社長)と結婚。交際わずか1ヶ月ちょっとでのスピード婚に、マスコミは「セレブ婚」と騒ぎ立てたが、7ヵ月後の2005年8月11日に離婚。

【8位】江角マキコ×写真家・桐島ローランド(9ヶ月)

【9位タイ】石井慧×女子大生(9ヶ月)

【9位タイ】佐々木恭子×池田裕行(9ヶ月)

昨年5月に結婚したフジテレビ佐々木恭子アナウンサー(33)とTBS池田裕行キャスター(43)が、離婚秒読みの状態にあることが15日、分かった。すでに昨年末には別居しており、都内に共同名義で購入した約8000万円のマンションを売りに出している。佐々木アナは朝、池田氏は夕方にレギュラー出演しているが、生活リズムもテレビ局も違う東大卒のエリートカップルは、わずか9カ月で破局した。

【11位】吉田麻美(ASAMI)×小室哲哉(10ヶ月)

1998年に音楽ユニット・TRUE KiSS DESTiNATiONを結成。2001年5月に結婚後、出産。しかし10ヵ月後の2002年3月、離婚。KiSS DESTiNATiONも解散した。

小室哲哉は8ヶ月後の2002年11月にKEIKOと再婚。

1