1. まとめトップ

緊急特集/なぜ慰安婦制度が問題となり、非難されるのか?

なぜ、旧日本軍の従軍慰安婦制度は世界的に問題となり、非難されるのか?非難に対して激しく応酬する人ほどわかっていないようなので、問題の本質を解き明かすようなものを自分なりにまとめてみました。

更新日: 2016年06月05日

4 お気に入り 28887 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Manforstormさん

■姉妹サイトもどうぞ

――――――――――――――――――

アジアの安定のために、日韓関係ほど大事なものは他にあまりない。安倍晋三は今回の任期を、韓国との緊張を炎上させ協力をより難しくする深刻な過ちでスタートさせようとしているようだ。彼は、朝鮮半島や他の地域の女性たちを性奴隷として使ったことを含む、第二次世界大戦中の日本の加害に対する謝罪を書き直そうする動きを見せている。

1993年に日本は、何千、何万、または何十万の(訳者注:原文では thousands となっている。thousands は、「何千」単位から「何十万」単位までをカバーする)アジアとヨーロッパの女性たちを軍の慰安所で強姦し奴隷化したことをようやく認め、このような残虐行為に対して初めての完全な謝罪を行った(訳者注:「河野談話」のこと)。1995年には村山富市首相がもっと広範囲にわたる謝罪を行い、「植民地支配と侵略によって」、日本は「多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を」与えたと認めた。

右翼ナショナリストの安倍氏は、産経新聞のインタビューに応じ、特定はしなかったが「未来志向の談話」によって1995年の謝罪と入れ替えたいと言い、ロイター通信に月曜日に引用された。彼は前安倍政権(2006-2007年)は、戦時中日本軍の性奴隷となった女性たちが実際強制されていたという証拠は全く見つからなかったと言った。しかし先週の記者会見で、菅義偉官房長官は、安倍氏は1995年の謝罪は維持するが、1993年の談話は見直すかもしれないと述べていた。

自民党のリーダーである安倍氏がどのようにこれらの謝罪を修正するのかは明らかになっていないが、彼はこれまで、日本の戦時史を書き換えることを切望していることを全然秘密にはしてこなかった。こういった犯罪を否定し、謝罪を薄めるようなどのような試みも、日本の戦時中の残忍な支配に被害を受けた韓国、そして、中国やフィリピンをも激怒させることであろう。

安倍氏の恥ずべき衝動的行為は、北朝鮮の核兵器プログラム等の諸問題において、地域における大切な協力関係を脅かすものになりかねない。このような修正主義は、歴史を歪曲することよりも、長い経済不況からの回復に集中しなければいけないこの国にとって、恥ずかしいことである。

NYタイムズの安倍酷評社説に反応して、「NYタイムズは実は朝日の別働隊だ」とか「左翼偏向新聞だ」とか言って納得したがる人がいっぱい湧いてるんだけど、その論理でいくと、そのうちル・モンドもガーディアンもFAZも、あらゆる世界の新聞が朝日新聞の別働隊で左翼ってことになるのでは。

英国「エコノミスト」誌も安倍批判。「過激なナショナリスト」たちによって構成される内閣とし、「安倍は自らのナショナリスト的傾向を抑制し、自民党の過去の亡霊たちを貯蔵室にでも閉まっておかないといけないだろうがこの新内閣では無理だろう」と。economist.com/news/asia/2156…

閣僚中14人は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」という議員連盟に所属している。靖国神社は、戦争犯罪で死刑になった戦時中の指導者を祀り、何かと議論を呼んでいる東京の神社だ。

 また、13人は「伝統的価値観」への回帰を提唱し、戦時中の行為に関する日本の「謝罪外交」を批判する国家主義的なシンクタンク、日本会議を支持している。さらに9人は、学校の歴史教育において日本の軍国主義時代をさらに賛美するよう求める議員連盟に所属している。こうした閣僚は、第2次世界大戦当時の日本の残虐行為の大半を否定する立場にある。

 閣僚の1人で、文部科学相に就任した下村博文氏は、日本の残虐行為に関してアジア諸国に自責の念を表明した1995年の画期的な「村山談話」の撤回を求めるだけでなく、大戦中の戦争犯罪を裁くために1946~48年に実施された、いわゆる東京裁判の判決さえもなかったことにしたいとの考えを持っている。

エコノミスト誌「日本の新内閣:未来に背を向けて」より抜粋。

アメリカで、従軍慰安婦問題に関する「河野談話」見直しの動きに対する批判が高まっています。米国務省のヌランド報道官が記者会見で懸念を示す。日韓関係の悪化が米国のアジア戦略の妨げになると考えているようだ。安倍政権はこの問題に沈黙です。 goo.gl/5V6Zh

安倍政権についての海外報道をチェックしようと思ったら、外務省の「世界が報じた日本」のページが「リニューアルのため当分の間閉鎖させていただきます」になっていた。

そもそも問題の本質をわかってない人が多すぎる件

70年前の慰安婦の話より、日本人を「性奴隷を使った戦争犯罪者」といまだに侮辱するNYTのほうが悪質 RT @miyagawamasaaki: "sex slave"がどんなにひどい語感か大方の日本人には感得できない。

私は「慰安婦」を最初に取材したジャーナリストの一人です。1991年8月にNHKの番組で最初に慰安婦として名乗り出た金学順にインタビューしたとき、彼女は親にキーセンに売られ、そこから中国の慰安所に行ったと証言しました。

しかし1992年1月に朝日新聞が、慰安婦についての軍の文書を発見したという記事を出しました。それは慰安婦の誘拐を禁止する文書だったのですが、朝日はそれを誘拐の証拠と誤認したのです。そして金は「軍に誘拐された」と証言を変えました。

この「性奴隷」の話が、NYTなど海外メディアの誤解の始まりでした。多くの人が間違いを指摘したため、朝日新聞は軍による強制連行の証拠がないことをしぶしぶ認めましたが、民間業者の広義の強制が問題だと話をすり替えました。いまだに軍の強制連行を非難しているのは海外メディアだけです。

戦前には娼婦の人身売買が行なわれ、日本軍が慰安所を管理していたことは明らかですが、それは世界のどこでも行なわれていたことです。インドネシアではオヘルネの証言した事件(スマラン事件)が記録されていますが、彼女を強姦した兵士は処罰されました。日本軍は強制的な性行為を禁じていたからです。

これは過去の「漂白」ではなく歴史的事実の問題です。実は、史実については歴史家に意見の違いはほとんどありません。私的な人身売買はあったが、軍の命令はなかったのです。安倍首相の「恥ずべき衝動」を攻撃する前に、偏見を捨てて歴史についての新しい論文を読むことをおすすめします。

池田信夫氏の性格は嫌いだが本件に対する彼の主張は正しいように思います。要は国による強制連行の証拠は何もない、ということかと。そして、慰安婦自体は日本だけに存在したわけではないと。彼の過去のブログを読めば理解できると思います。勉強されたら分かるかと。@HirokoTabuchi

池田信夫氏にかぎらず、従軍慰安婦問題での「日本側」の反論は、だいたいこういった調子になる。すべてを朝日新聞の誤報や海外メディアの無知、そして「どこの国にもあった」論法で片付けようとする。

いきおい相手側の倫理観と相容れるわけがなく、「議論」はいつも空回りとなってしまうわけだ(実は池田氏の主張には、素人でもわかるほど事実誤認が多いのだが、そのことは後回し)。

さて。「問題の本質をわかってない人が多すぎる」とは、つまり――

慰安婦問題で反論する人が呪文のように唱える台詞、 「慰安婦は合法」「強制連行はなかった」「慰安婦は高給取り」「売春はどの軍隊にもあった」etc……

責任逃れの言い訳がそれだけ揃っているはずなのに、どうして海外から相変わらず非難され続けるかについて真摯に考えようとしない人が多すぎる。 そういう意味です。

では何故、「日本側の反論」は世界で通用しないのか?

何がいけないって。「慰安婦の悲劇」を必死で否定するのが、大東亜戦争について特殊な史観を抱いた極右の面々ばかりというのが一番問題なんだと思う。

慰安婦問題を語り詰めれば、第二次大戦での日本の国際的な立ち居地にまで行き着いてしまう。
それ以前のような国対国の戦争と異なり、日独伊ファシズム同盟とその侵略を阻止するため結集した幾十もの国々からなる国際秩序との闘争で我が国が果たした立ち居地に。

したがって、戦時中の歴史を美しく粉飾し正当化するのに躍起でいる安倍政権が「慰安婦問題で皇軍は無罪」といくら反駁しても、受け入れられる素地はまったくない。
なぜなら世界の目には、「日本軍であるだけで十分に罪がある」のだから。

朝日新聞を叩いたりNYTを叩いたりし、「河野談話」で話をストップさせている池田信夫氏およびネット右翼には、ここがまったくわかっていないか、わからない振りをしているわけだ。

産経新聞とネット右翼の痛いところは、旧日本軍が大義のため戦った立派な軍隊と思い込んでいることだ。そんな勘違いをするのは世界の中で彼らだけ、日本政府の公式見解にも背いている。国際社会に居場所もないこうした状況で慰安婦制度への非難に抗弁しても、空回りとなって終わるのが関の山である。

もちろんどこの国も表向きは、「大義のための戦争」と宣伝する。サンケイ派が激痛なのは、「世界中が自分たちと同じに思い込んでいる」と思い込んでいることだ。

実際、ネット右翼の反論といったら・・・

日本は自存自衛とアジアの独立のために戦ったのが、いつの間にか侵略戦争に置き換えられ、南京大虐殺とか従軍慰安婦とかありもしない事実を捏造され、中国や韓国に何度も謝罪と賠償をする羽目になっています。とんでもない濡れ衣です。

慰安婦問題って不思議なのは、今から70年前のモラルでは世界の普通のことなんだよ。それを現代のモラルで非難するのは、頭がおかしいのじゃないの?それより問題は現代腐る程いる支那や韓国の慰安婦です。もちろん、日本にもアメリカにも世界中にいるんだが、それはどうなのよ。謝罪しろよ、誰に?

1 2 3