池田信夫氏にかぎらず、従軍慰安婦問題での「日本側」の反論は、だいたいこういった調子になる。すべてを朝日新聞の誤報や海外メディアの無知、そして「どこの国にもあった」論法で片付けようとする。

いきおい相手側の倫理観と相容れるわけがなく、「議論」はいつも空回りとなってしまうわけだ(実は池田氏の主張には、素人でもわかるほど事実誤認が多いのだが、そのことは後回し)。

さて。「問題の本質をわかってない人が多すぎる」とは、つまり――

慰安婦問題で反論する人が呪文のように唱える台詞、 「慰安婦は合法」「強制連行はなかった」「慰安婦は高給取り」「売春はどの軍隊にもあった」etc……

責任逃れの言い訳がそれだけ揃っているはずなのに、どうして海外から相変わらず非難され続けるかについて真摯に考えようとしない人が多すぎる。 そういう意味です。

では何故、「日本側の反論」は世界で通用しないのか?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

緊急特集/なぜ慰安婦制度が問題となり、非難されるのか?

なぜ、旧日本軍の従軍慰安婦制度は世界的に問題となり、非難されるのか?非難に対して激しく応酬する人ほどわかっていないようなので、問題の本質を解き明かすようなものを自分なりにまとめてみました。

このまとめを見る