1. まとめトップ

週刊GreenPost 58号 2013/1/28-2/1日版 しなやかな技術研究会

再生可能エネルギーニュース - ”しなやかな技術”に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案 編集・発行 しなやかな技術研究会  http://greenpost.jimdo.com/

更新日: 2013年02月01日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 9854 view
お気に入り追加

[次号 週刊GreenPost 59号 2013/2/4-8日版 しなやかな技術研究会]
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001

p1 [ココ] ■今週のGreenPostの記事 ■おすすめエントリー(GreenPostの過去の記事から)
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501

p2 ■ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501?page=2
p3 
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501?page=3
p4 
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501?page=4
p5 ●気になる話題
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501?page=5
p6 ●気になるツィート
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501?&page=6
p7 ■気になるまとめ ●Twilog
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501?&page=7

[バックナンバー]
しなやかな技術研究会 まとめ* Index*
http://goo.gl/1DyMl

[前号 週刊GreenPost 57号 2013/1/21-25日版 しなやかな技術研究会]
http://matome.naver.jp/odai/2135809686278820901

Twitter GreenPost
https://twitter.com/greenpost
----------------------------
注:右のカラムに表示される「関連商品」や広告は、GreenPostが選んだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■今週のGreenPostの記事

2012年の太陽電池モジュールサプライヤーランキング No.1となったのは、インリー Yingli Green Energy 。日本勢では、シャープが唯一No.6入り。

Top 10 PV module suppliers in 2012-----PV Tech,28 January 2013
http://www.pv-tech.org/guest_blog/top_10_pv_module_suppliers_in_2012

第1回[国際] 風力発電展 ~WIND EXPO 2013~ 第6回[国際] 太陽電池展~PV EXPO 2013~ 第4回太陽光発電システム 施工展 第4回[国際] 二次電池展~バッテリー ジャパン~ 第3回エコハウス&エコビルディング EXPO 第9回[国際] 水素・燃料電池展~FC EXPO 2013~ 第3回[国際] スマートグリッドEXPO 第4回[量産][試作] 加工技術展 ~エネテック ジャパン~

千葉大学のチームは、2014年 6月にフランスのベルサイユで開催されるソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2014フランス大会への出場が決まりました。

 ソーラー・デカスロンは、太陽光利用の普及・啓発と学生の教育を目的に、2002年にアメリカのエネルギー省が始めた大学対抗の国際エコ建築コンペです。これまでアメリカで 5 回、ヨーロッパで 2 回開催され、千葉大学はスペイン大会に継ぐ二度目の参加となります。

-----image : プレスリリース / 千葉大学、2013年1月28日
・記者発表 - ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2014参加決定-世界大学対抗ソーラー住宅建設競技の一次審査突破(PDF)より
http://www.chiba-u.ac.jp/publicity/press/

- 下のビデオクリップは、スペインで開催されたソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012の優勝発表前後のものです。下のビデオクリップは、RHÔNE ALPES (FRANCE)チームのものです。

RHÔNE ALPES (FRANCE)チームがソーラーデカスロンヨーロッパ2012で総合優勝。日本から参加した千葉大は15位となりました。

参考エントリー
・ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012のすべて
http://matome.naver.jp/odai/2133584986766799801

RHÔNE ALPES (FRANCE)チームがソーラーデカスロンヨーロッパ2012で総合優勝しました。 sdeurope.org/?p=7909&lang=en 日本から参加した千葉大は15位となりました。 参考 greenpost.way-nifty.com/softenergy/201… #sdeurope #ecohouse

イケアグループ、2020年までに40億ドル(約3500億円)を投資。再生可能エネルギー100%プランを発表。タイトルは、「People & Planet Positive - Sustainability
Strategy for 2020」。

Ikea,2012/10/22
http://youtu.be/E4RbtlDit_A
コメ-このポリシーに対抗できる日本の家具、雑貨屋さんは、無印良品かな? 今度サイトをみてみます。

三菱重工業は、最新鋭の7MWkW級の風力発電機の開発に向けて、世界初の油圧ドライブトレイン搭載の風力発電機を 横浜製作所内でお披露目しました。
 油圧ドライブトレインは、ブレードの回転速度(15rpm)を発電機の回転速度(1,000rpm)に増速する動力伝達機構として、これまでのギア式増速機に代えてデジタル可変による制御を可能にするもので、今回世界で初めて採用されました。

- 油圧ドライブトレインを利用することで、大型化の課題となっていた増速機やインバーターが不要となり、高い効率性と信頼性が実現できるとのことです。また汎用性の高い油圧機器や材料、比較的低廉な同期発電機などで構成されるため、コスト競争力に優れるなど、数々の利点があるとも。

 この油圧ドライブトレインを開発したのは、イギリスのアルテミス社(Artemis Intelligent Power, Ltd.)で、2011年に三菱重工業の傘下に入っています。
 これらの最新の技術を搭載した7MWの風力発電機の開発が本格化します。この7MW機のスペックも発表になっています。

"新型洋上風力発電設備の主な仕様
出力 7,000kWクラス
ローター径 165m超
Wind class IEC-Class S
ドライブシステム 油圧トランスミッション
発電機 ブラシレス同期発電機
インバーター 不要"

参考エントリー
・三菱重工、英国のベンチャーアルテミス社を買収。活発化する超大型洋上風車開発 Round 3 Project への足がかり-----ソフトエネルギー、2011/01/07
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2011/01/round-3-project.html

・三菱重工業、7MWの巨大洋上風力発電機開発のタイムテーブルを発表-----ソフトエネルギー、2011/12/02
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2011/12/7mw-1e05.html

ドイツの再生可能エネルギー事業社 juwi(ユ-イ)が日本上陸を発表しました。自然電力と国際ジョイント・ベンチャー 「juwi(ユ-イ)自然電力株式会社」を設立し、発電設備の建設請負(EPC : Energy Performance Contract)を国内で展開、プロジェクトの企画から建設、そして運営までの総合的な事業を展開するとのことです。

- 太陽光発電事業の規模では、世界第2位の規模を誇るというユ-イ。大型案件を世界中で数多くてがけてきています。

参考エントリー
・World's largest solar power plant being built in eastern Germany / プレスリリース juwi (ドイツでサッカー場200面の広さの40MW太陽光発電プラント!)-----ソフトエネルギー、2007/02/28
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2007/02/worlds_largest__9b09.html

参考動画

----------------------------

■おすすめエントリー(GreenPostの過去の記事から)

理化学研究所とダ・ビンチ社は、朝日から夕陽まで、太陽光の光熱エネルギーをフレネルレンズで効率良く回収し、蓄熱タンクに貯めた水を加温、必要に応じてこの熱を取り出して発電と給湯ができる「熱電併給システム」を考案したと発表しました。

1 2 3 4 5 6 7





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。