まだ“読者モデル”という言葉がそれほどメジャーではなかった時代に、雑誌『ポップティーン』に登場。その後、雑誌『egg』の読者モデルを経て、再び雑誌『ポップティーン』の読者モデル、『東京ストリートニュース』へとステップアップし、着実にファンを増やしていった。
読者モデル時代はスーパーモデルならぬ“スーパー高校生”や、“コギャルのトップ”などの呼び方をされ、押切は「もえ」として、同じく当時の人気読者モデル福永花子の「花子」と共に、女子高生達のカリスマ的存在でもあった。

出典押切もえ ギャル時代と整形 - 芸能人有名人整形特集「整顔ブログ」

http://blog.mbportal.jp/images/oshikirimoe.jpg

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【裏話】あまり知られていない、芸能人の過去・裏事情・黒歴史

あまり語られることがない芸能界のタブーについてまとめてみました。

このまとめを見る