1. まとめトップ

【裏話】あまり知られていない、芸能人の過去・裏事情・黒歴史

あまり語られることがない芸能界のタブーについてまとめてみました。

更新日: 2015年05月04日

806 お気に入り 22959915 view
お気に入り追加

【馬場典子アナ】不祥事

情報番組『ZIP!』などに出演している日テレの馬場アナは、2011年プライベートで行った夏の海外旅行に掛かった飛行機代や宿泊費などの領収書を、ある実業家の男性に渡し、現金20万円を受け取っていたという。

さらにこの時の飛行機代は、なぜか別の知人が支払い、馬場アナは予約していたエコノミークラスの席をキャンセルして領収書だけを入手していたという。つまり馬場アナはタダで飛行機に乗り、小遣い稼ぎまでしていたと文春は報じている。

しかし日テレは、この事実を把握しながら馬場アナを処分せず、それどころか木村優子アナウンス部長が関係者に説明して回るなど“モミ消し”に奔走していたという。

【広末涼子・高岡蒼甫・藤井リナ・朝青龍】関東連合

ところで、一連の関東連合をめぐる報道で必ず名前の出るのが広末涼子の前夫・岡沢高宏だ。「日刊ゲンダイ」(1月18日)によると、岡沢は「関東連合が事件を起こすたびに、名前が取りざたされることに頭を痛めている」という。岡沢同様名前の挙がるのが関東連合と近しいとされる高岡蒼甫。また関東連合OBとしてメディアにも出演していた石元太一は、自殺した上原美優と交際、11年に逮捕された場所がモデルの藤井リナの部屋であるとも報じられた。さらにAKB48劇場の管理を実質的に手がけ、AKB48のメンバーの数人も所属する「office48」の役員にも、関東連合の元メンバーがおり、現在も関東連合や裏社会とのつながりが強いという話もある。

さらに、芸能人ではないが、横綱・朝青龍が引退するキッカケとなった暴行事件の被害者も関東連合の元リーダー。他にも「関東連合と芸能人の相関図」なるものがネット上を騒がせている

【保阪尚希】両親

6歳の時に車に轢かれて、重症を負う。意識不明のときに、死後の世界を垣間見るが、三途の川のところで他の死者に「あなたは戻りなさい」と言われて引き返し、意識を取り戻す。4か月の入院ののちに退院するが、その3日後に両親が自殺。

【さとう珠緒】グラビア

1992年及び1993年、『週刊ポスト』のグラビアコーナー「新・激写」(撮影:篠山紀信)で一糸まとわぬ姿を披露する(当時の芸名は珠緒)。

【仲間由紀恵】声優時代

代表作は「機動戦艦ナデシコ The prince of darkness」ラピス・ラズリ、「HAUNTEDじゃんくしょん」朝比奈睦月など。

【木村拓哉】タトゥー

芸能界にはタトゥー愛好家が多く、特にミュージシャンではDragon Ashの降谷建志、B’zの稲葉浩志、EXILEのATSUSHIとTAKAHIRO、黒夢の清春らが知られている。また、キムタクことSMAPの木村拓哉と工藤静香夫妻も、そろって足首にワンポイントでタトゥーを入れているが……。
「キムタクはスポンサーの意向をすでに心得ていて、以前、特番で熱湯風呂に入った際、タトゥーの部分に肌色のテーピングを巻いて隠していた。ジャニーズ事務所の後輩ではKAT-TUNの田中聖が舌、胸、お尻など思いつくままに入れてしまっているが、これも問題になりそう」(前出・テレビ関係者)

【きゃりーぱみゅぱみゅ】ジュニアアイドル

実は本名はずっと非公開だったのですが、ネット上で過去にジュニアアイドルとして芸能活動歴?があることが暴露されそこから本名が竹村桐子であることが発覚。

しかも、きゃりーぱみゅぱみゅが本名時代に出演していた過去作品というのは「いもうと倶楽部」というDVD作品で、作中では露出度がとても高い水着で露骨に性的な内容を連想させるシーンがメインというかなりアングラ臭の高いものだったこともあり一部で騒ぎになったようです。

【槇原敬之】覚せい剤で逮捕

1999年8月26日、覚せい剤所持が発覚。情報を得て内偵中だった警視庁本富士警察署の捜索を受けた際、自宅から発見され、覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で逮捕される。本人は300万円の保釈金によって保釈、その後に執行猶予付きの有罪判決を受けた(懲役1年6月、執行猶予3年)。逮捕のため9月から予定されていたコンサートツアーの中止やCDが発売元のレコード会社によって店頭から回収される動きがあり、このときファンが買いに走ったために、過去の作品の売上が伸びるという現象が起こった。

【高橋みなみ】母親の逮捕

1 2 3