1. まとめトップ

これで寒くない!窓からの冷気を防ぐ5つの方法

部屋で暖房を入れていてもなんだか窓から冷たい風が入ってきてなかなか部屋が暖かくならない、なんて事ありますよね。そこで手軽にできそうな窓からの冷気を防ぐ方法をまとめてみました。

更新日: 2017年12月10日

72 お気に入り 763572 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ty0911さん

窓からの冷気が気になる人々

ウチも寒いです(´・ω・`)

窓からの冷気が半端ない. 隙間風があるわけじゃないけど.

冷え込みますな~窓から冷気がビンビン来るぜ~(´・ω・`)

一般的には建物から逃げる熱の割合のうち約30%は窓からだといわれています

室内の熱気を逃さない方法を紹介していきます。

1.窓に断熱シートを貼る

ホームセンターなどに売っている断熱シートを貼る方法です。お手軽に冷気対策ができます。

断熱シートを張ることで、防寒・騒音防止の二重窓のような効果を得ることができます。

実際貼ると、やはり窓から直接伝わる冷気ははっきりと少なくなります。

2.窓際に暖房器具を置く

画像は「ウインドーラジエーター」という窓下に設置する暖房器具です。

部屋を効率よく温めるには、冷たい空気が入ってきやすい窓側から温めるのが一番効果的なのです。

実際に窓からの冷気を遮断すると、室温が約2℃上昇するとのこと。

3.長いカーテンに変える

たしかに床とカーテンに隙間があるとそこから冷気が侵入してきます。うちのカーテンも少し短いので冷気が入ってきます(´・ω・`)

カーテンの長さを床に着く位の長さの物にすると、カーテンの下から入ってくる窓からの冷気を防くことが出来ます。

出来れば、床とカーテンの隙間は完全に無い方が冷気が部屋に流れ込むのを防げるので、床よりも長いカーテンをご使用された方が効果的です。

4.窓を二重構造にする

工事が要らない内窓をつけるという手もあります。二重窓は北海道などで採用されていますが確かに室内がかなり暖かいです。

これは業者の方に相談するしか無い・・・と思っていたら、そうでもなさそうです。
自分で取り付けられる二重窓(内窓)があるようです。
二重窓を取り付けるための余裕(スペース)がないと無理ですが、効果は期待できそうですね。

5.断熱ボードやダンボールを置く

1 2