1. まとめトップ

異常事態!! 30円から180円まで!ビールが極端に安い店が東京・新宿エリアに増殖しすぎている件

1杯30円!10杯で300円!(お通し別)。今、新宿のビール相場が狂っている!※この価格帯での提供は各店の都合により終わる場合もありますので、かならずお店の公式HPか最新情報の掲載されている頁を確認の上お出かけください。

更新日: 2016年08月01日

81 お気に入り 92159 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shinjukuさん

この情報は2015年現在の状況です。現在は終了しているケースが多々ありますん。かならずお店の公式HPか最新情報の掲載されている頁を確認の上お出かけください。

デフレもいいところだが、ビール大好きっ子には嬉しいしらせ。もともと新宿はやや安い居酒屋が多かったが、なんと生ビール30円のお店が歌舞伎町に出現。もはやコスト度外視となっているようだ。

【疑問】どうやって採算をとっているのか?

通常、飲食店は原価の低い飲み物で採算を取るため水商売等といわれることもあるのだが、この場合は飲み物を呼び水にしているので、ビール採算割れにして、他の商品(食べ物やもともとが安くない飲み物)にちょっとずつ原価が載っていたりする可能性が1つある。この場合、飲み物を中心に頼んでいけば、お得にすませられるはず。安っぽいお店の場合、「ビールではなく発泡酒」というケースもあるが、だいたいのお店は生の場合にタルがそのへんに転がっているのですぐ確認できるが、最近のお店はそれで見る限り発泡酒でもない(ちゃんとしたビール)ということが多いのが特徴。
他に、安い理由としては、居抜きを利用し店内造作にお金がかかっていない、フロア辺りが1-2人で人件費が少ない等のケースも多く、省力化が価格低下の理由だったりする。あとは単なるキャンペーンであり、転嫁はしていないという場合もある。

【注意】飲み残しは禁止の場合も多い

安いぶん飲み残しは通常価格を取るケースもある。居酒屋めだかはそういうパターンなので注意。とはいえグループで行って、もう飲めない人が出ても残りの人が残った飲み物を手伝ってあげれば、追加課金は回避できるよね。

【生ビール30円~ ×】※期間限定キャンペーン終了。それでも安い歌舞伎町の「居酒屋めだか」(2014年6月現在180円くらい)

以下のお店は30円ではありません!!注意!!

【生ビール・角ハイボール何杯でも100円】新宿歌舞伎町・たんと(3)

【生ビール180円~】新宿西口 やまと

【生ビール190円~】歌舞伎町2丁目 居酒屋アルプス

【生ビール90円(6時まで)~190円(それ以降)】安居酒屋で有名な一休の新宿店

新宿以外の200円以下のビール・ハイボール等はこちらのまとめもどうぞ

1