メニューの変更は2013年4月26日からで、10日に告知された。
すべてを一新するのは今回が42年ぶりとなるが、オイルだけは2007年にも変わっていた。当時のオイルに含まれていた「トランス脂肪酸」が健康に悪影響を及ぼすとして、「低トランス脂肪酸オイル」に変更されたのだ。ミスドの広報担当者は「変更の前後で同じ味になるようにした」と話しているが、当時のネットでは「(油変更のせいで)おいしくなくなった」という声が散見された。

出典油が変わった「ミスド」にネットで大絶賛 「味全然ちがいます」「前よりあっさり、しっとり」 (1/2) : J-CASTニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

万病の元!?トランス脂肪酸を含む食べ物・怖い話

「マーガリンがバターより健康的」なんて言われたのは今はもう昔の話。 「狂った油」と呼ばれる、トランス脂肪酸を摂取し続けると花粉症やアトピー性皮膚炎にも悪影響!?(2015年6月22日最終更新)※2013/11/8追記:心臓病の原因に?アメリカで規制へのニュース・日本マクドナルドの対応について

このまとめを見る