【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は16日、食用油などに含まれ、肥満や心臓病との関連が指摘されるトランス脂肪酸を、2018年6月までに食品添加物から全廃すると発表した。

FDAは13年に廃止方針を示して科学的妥当性を検討してきたが、最終的に食品に使う上で「安全とは認められない」と結論づけた。

 食品業界は3年間で代わりの添加物を使うなどの対応が求められる。FDAは「心臓病を減らし、年間数千件の命に関わるような心臓発作を防ぐことができる」とみている。

トランス脂肪酸は、摂取すると動脈硬化などを引き起こすリスクが増すとの研究結果が多く示されている。

出典トランス脂肪酸、18年に全廃 米当局「安全でない」 - 大阪日日新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

万病の元!?トランス脂肪酸を含む食べ物・怖い話

「マーガリンがバターより健康的」なんて言われたのは今はもう昔の話。 「狂った油」と呼ばれる、トランス脂肪酸を摂取し続けると花粉症やアトピー性皮膚炎にも悪影響!?(2015年6月22日最終更新)※2013/11/8追記:心臓病の原因に?アメリカで規制へのニュース・日本マクドナルドの対応について

このまとめを見る