1. まとめトップ

アルジェリア人質殺害事件、実名報道に対する報道ステーションの弁明に批判殺到

実名報道の是非が話題になっている中、報道ステーションで実名報道が行われました。なぜ実名報道をするに至ったのか?その番組冒頭に伝えた弁明に批判の声が多数上がっています。

更新日: 2013年01月24日

28 お気に入り 166734 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

emo.tamさん

▼ はじめに 元記者でジャーナリストの佐々木俊尚さんの記事より

さらに論考を続けてみました。/アルジェリア人質殺害事件とメディアスクラム|佐々木俊尚 blog bit.ly/10sOtGS

冒頭部分を一部抜粋します。詳細は記事をご覧ください。

新聞記者は『一人の人生を記録し、ともに悲しみ、ともに泣くため』などと高邁な理想で被害者の実名報道の重要性を語るけれども、実際にやってるのはメディアスクラムで遺族を追いかけ回しているだけ。

つまり新聞記者の側は、「理想とすべき報道理念」を語っているけれども、遺族取材を批判する人たちは「現実の報道の姿勢」を問題にしているということ。

この乖離を埋める努力をしない限り、新聞記者の理念などだれにも理解されないよ

▼ 記事が投稿された当日の夜、報道道ステーションでは

実名報道。いま報道ステーション見ててびっくり。冒頭、古舘さんが 「ご遺族は実名を伏せての報道を希望しましたが、私共は事件の重大さ、また、亡くなった方の名誉のため実名で報道させていただきます」何を言ってるんだ、と。遺族が実名報道を希望されてないんだから、それ以上するなよ。

報ステ、安否不明の人まで実名報道かよ。どうなんだろうかこれ……

報ステ、古舘、尤もらしい理由つけてアルジェリア被害者の実名公表してるぞ 遺族の意向無視、政府と日揮の配慮無視 #tvasahi

以下は、橋本麻里さんによる書き起こし。

報ステ該当部分の動画。twitpic.com/bxlvr8 「亡くなられた方、そしてそのご遺族、ご家族の方々の思いというものを考えてですね、日揮は、あるいはその日揮の要請を受けた政府は、亡くなられた方の名前の公表を差し控えました。私どもの番組もどうするかについて考えました…

(承前)議論をしました。ただですね、それぞれの人生があり、さまざまな喜怒哀楽を抱えて生きてきた人生があり、それが突然卑劣なテロによって断ち切られてしまった、その無念というものをお伝えする際に、数だけで表現するのではなく、取材に基づいて、お名前をお伝えさせていただくというふうに…

(承前)先ほど決断いたしました。まず亡くなられた方、7人の方のお名前、あいうえお順でお伝えいたします」。以上、全文音声起こしです。一部先ほどの投稿と重複しています。

▼ ますます深まるマスコミとの乖離

報ステ。テロの被害者について。喜怒哀楽のある人の人生があったから?だから数字でなく実名報道?遺族はそれでいいと言ったの?スタッフで話し合った結果だと言うけど、日揮もいいと言ったの?それとも独断? #tvasahi

@chocotteYM 少なくとも、新聞記者たちが言ってる実名報道の重要性に、それは語られていなかったなぁ。やっぱり、報道と言っても別物ということなんでしょうね。

@shirokumakotaro 新聞記者が語っている内容も読みましたが、「自分の力で少しでも世の中を変えたい、世の中に影響を与えたい」というジャーナリスト思考は、一般の人たちの気持ちとはかなり違うんじゃないかと思いました。

報ステ「ご遺族は実名を伏せての報道を希望しましたが、私共は事件の重大さ、また、亡くなった方の名誉のため実名で報道させていただきます」何それ。遺族が希望しても自分たちの価値観に沿って決めちゃうのか。それは遺族の方々の意向に従うべきじゃね。嫌がってんだから。

報ステがアルジェリアの事件の犠牲者の名前を公表してる……まるで名前の公表を控えたいとした会社や政府よりも自分たちの方に正義があるとでも言いたいかのように、えらそうな前口上を述べてるのがますますもって嫌な感じだ。本当に今の報道機関は低俗だな……。

被害者のご家族の気持ちを踏みにじるほうが卑劣じゃん! RT @hashimoto_tokyo: 報ステの件、古館氏の発言部分の動画が上がっている。goo.gl/LrbeR

報ステの「遺族がどんな感情を持とうとも信ずる通り勝手に実名報道させてもらう」という姿勢は、受け入れられないなあ。というわけで、明日から報ステは見ません。たとえドラゴンズがサヨナラ勝ちした日であっても。

「報道ステーション 日揮からは実名報道はやめてくれと言われました→独自の判断で公表することを決めました」ほんとに粛々とこれ言って公表始めたからとても見てられなくなって報ステ消したよ

▼ 取材および報道姿勢が問題視されている今回の事件

21日深夜、日本政府は同事件で日本人犠牲者がいたことを確認し、公表した。その会見の際に菅官房長官は、会社(日揮)、ご遺族と相談の上、実名は公表しないことに決めたと、犠牲者の実名を明かさないことを表明した。しかし翌22日、朝日新聞は朝刊に犠牲者の実名と写真を公表。これを受けてテレビ、新聞各社も追随、実名が広く報道されることになった。

以下、上記記事にも記載されている被害者の甥である本白水智也@motoshiromizuさんのツイート。

今回の約束を破って実名報道した朝日新聞には抗議文を書きまして、今回の実名報道されるまでのやりとりについての取材を受けます。

叔父の子どもが住むマンションには報道各局が押し寄せ、14世帯中13世帯に取材をし、近隣に迷惑をかけております。さらに郵便受けの中身を確認していたそうです。やめてくれ。

鹿児島の高齢の親族には取材を許可することのリスクについての説明もないまま、取材の許可を取り、ピュアな高齢の親族はそのリスクを知らないままテレビや新聞の取材を受けていた。さらにうちの住所を教えていたらしい。

朝日新聞が実名報道したから、実名がばれ、テレビ局の取材が入り、遺族が晒されたわけです。

1 2