1. まとめトップ

【女子は知っておきたい】男子の「賢者タイム」のこと

人間は誰もが煩悩を持っている。人間はこの煩悩のためになかなか悟りを開くことができない。しかし、特定の行動を起こし煩悩を満たした瞬間に人は賢者になることがある。それを俗に賢者タイムと呼ぶ。

更新日: 2015年01月14日

babumiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
175 お気に入り 3011524 view
お気に入り追加

賢者タイムとは

煙草を吸いにいってしまったり、すぐに寝てしまったり、なんだかセックスする前と後では態度が違う!と感じることもあるのではないでしょうか。女性としては、ピロートークも楽しみたいのに、そんな態度をされるとがっかりしてしまいますよね。

出典:婚活道(http://konkatsudou.com/540

男性が自慰行為や性行為をしたあと、それまで感じていた興奮がサーッと波を引き、冷静沈着→脱力→魂の抜け殻状態に陥ってしまう時間帯を指します。

男性がマスターベーション直後に、性的なものに対して感じなくなり冷静に見れてしまう時間帯のこと。
直前まで男性の煩悩が津波のように押し迫っていた自分自身がそれから解放されある種の悟りを開いたような感覚になる。

賢者タイム(英:sage's time)とは、男性が射精により性欲を満たした直後に経験する、性欲萎縮状態のことをいう。

賢者タイムの恐ろしさ

自慰行為ならば画像やAVを消し去ることで賢者タイムに没頭できますが、SEXとなれば…そう! パートナーであるあなた自身が消し去りたい対象となってしまうのです。

そのため、女性はイチャイチャしたいピロートークの時間も、男性にとってはむしろ嫌悪感を抱くものになることすらあるんです。

「賢者モード」がない女性には想像しがたいかもしれないが、このときの男性は驚くほど冷静だ。さらに大脳からはオキトシンやセロトニンなど眠気を誘う物質が分泌される。これはもう眠りに落ちるしかない。仕方がないことなのである。

なぜ賢者に?

セックスのあと、女性は甘い余韻を楽しむ傾向にあるのに対し、男性では眠くなる人が多いのではないだろうか。そんな男性を「冷たい」「愛情がない」と女性がなじるというのはよく聞く話だ。

研究によると男性のセックスのあとの眠気はコントロールできるものではないということがわかった。それは大脳が停止してしまうためだというのである。

実験では、セックス前と後の男性の脳をスキャンしたところ、セックスの後では人の思考をつかさどる大脳皮質の働きが停止、側頭葉と扁桃体から性欲を減退させる信号が発せられていることがわかった。性的なものに対し反応しない「無反応期」、俗に言う「賢者モード」に突入だ。

賢者タイム中の男子への対応

もし、「セックスの後の彼の態度が冷たい」と嘆いている女性がいたら大目に見てあげてほしい。彼に罪はない、悪いのは大脳なのである。「ああ、大脳が停止してるんだなぁ」と、おおらかに受け止めるのが愛情を保つ秘訣かもしれない。

極端な話、射精をしなければいいのです。ドライオーガズムといって、射精をしないでオーガズムに達する方法があります。射精さえしなければ、賢者タイムにはならず、むしろ女性のような心境と快感に達するとか。

SEX中は無防備な状態なので、動物にとって他の天敵に襲われかねない危険な時間。なので射精後は一刻も早くその危険な状態から脱し、自分、そしてメスを守らなくてはなりません。そのためにオスはSEX後、すぐに冷静沈着な状態になるよう本能がプログラムされているのだとか。

『賢者タイム』中の男性は、「私のことを天敵から守ろうとしてくれてるのね❤」なんて考えると、そっけない彼の態度すらいとおしく感じるかもしれませんね。ハイパーポジティブ思考を発動させると。

その他の賢者タイム

「聖人タイム」、あるいは 「スーパー賢者タイム」「ハイパー賢者タイム」「賢者モード」「賢者状態」 などとも呼びます。

1