1. まとめトップ

【矢沢あい】NANA全キャラ画像付き詳細まとめ一覧【8月23日更新】

NANAのキャラクターの画像と詳細な説明を各キャラクターごとにまとめてあります。新しくキャラが追加され次第追加します。随時更新中。

更新日: 2014年08月10日

172 お気に入り 2001472 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

glory820さん

●NANAの登場人物

大崎ナナ(おおさき ナナ)

1981年3月5日生まれ。
コミック1巻第2話では18歳。2巻から20巻まで20歳。21巻で21歳を迎えた(現在)。
身長:162cm。体重:43kg。星座:魚座。血液型:A型。

本作の主人公。
バンドBLACK STONES(ブラックストーンズ、ブラスト)のメインボーカリスト。
二の腕に「蓮(レン)のタトゥー」を持つ。セブンスターを愛煙。

2001年3月5日、20歳の誕生日に、小松奈々(通称ハチ)と上京する新幹線の中で偶然知り合い、その後ひょんなことからルームメイトになる。

母親はナナが4歳の時に蒸発し、父親が誰なのかも分からない。育ててくれた祖母・美雪も、ナナが高校を中退してまもない15歳の時に死去しており、天涯孤独である。

その後、ノブの紹介で本城蓮と出会い、同棲し始める。しかし、蓮がトラネスに引き抜かれて上京するとき、同行せず一旦破局する(1巻)。上京した後に復縁するが再び破局した。

性格は男勝りで、レンの影響からか言葉遣いは荒く、キレ易い。思いこみの激しいハチの突っ込み役的存在である。その一方、ヤスには依存しきったようなところがある。

母親に置き去りにされたトラウマからか、所有欲が強い。

レンが恋人である自分より仕事を優先することなど周囲が自分の思い通りに振る舞ってくれないことで生じた心労から過呼吸を発症(11巻)してしまう。

ブラストのボーカルとしてデビューするも、シンの不祥事で活動休止に追い込まれたために、金本に提案されてソロデビューを決意した(18巻)。

数年後、何らかの理由により日本の生活を捨て、イギリスで暮らしていることが発覚。バーなどで歌を歌っている姿が倉田に目撃されている(16-17巻)。

小松(旧姓)/一ノ瀬 奈々(こまつ/いちのせ なな)

1980年11月30日生まれ。
16巻で21歳を迎えた。コミック1巻第1話では18歳(高校3年生)、2巻から16巻まで20歳。
身長:158cm、体重:46kg。星座:射手座。血液型:B型。

本作におけるもうひとりの主人公。
共同生活初日にナナから「妙になつっこくて従順なんだけどすっげぇ世話がかかる犬みたい」という発言からハチと呼ばれ始め(2巻)、以来ナナと区別する為にブラストのメンバーやレンなどからはハチ、もしくはハチ子と呼ばれる事が当たり前のようになる。

ナナとは違い、一般家庭のもと、3人姉妹の次女で県内の普通レベルの女子高卒と、至って普通な生い立ちである。性格はナナとは対照的に、呑気で天真爛漫。不器用なところもあるがちゃっかりしており、わがままな一面がある。一目惚れが多い。

男遍歴としては、高校時代に既婚の男性(浅野)と不倫[1]。その後、デザインの専門学校で出会った章司と付き合い始め、東京都内の美術大学に入学した章司を追って上京。

ファンクラブの会員になっているほどトラネスが好きで、特にタクミのファン。

上京して間もない頃に、ノブの作った曲にナナがデタラメな英語を乗せて歌ったのを聞き、ブラストの東京ファン(自称)第1号となる(2巻-3巻)。

浮気した章司と別れた後、ナナとレンの仲介で知り合ったトラネスのメンバー・タクミと関係を持つ。そんな中、ブラストのメンバー・ノブに対する自分の想いに気付き、タクミに別れを告げ(ることができたと本人は思っていた)、晴れてノブと付き合う事に。

その事実をタクミから知らされたノブは、タクミとの付き合いが続いていたのではないかと奈々を非難。ノブを愛していながらも、結局は自分を理解して優しくしてくれたタクミを選び、ノブとは別れる事となる。

諸事情でタクミとは白金の家賃70万円のマンションに同棲しながらも結婚出来ない日々が続いたが、2001年11月13日に入籍。晴れて一ノ瀬奈々となる。

ちなみに、ナナと奈々がしているダイヤのついた婚約指輪は同じモデルの指輪である。

タクミが奈々に贈ったした物を、蓮がタクミから聞きだし、ナナに渡した。(おそらくCartierのソリテール1895)

▼BLACK STONES

通称「ブラスト(Blast:突風という意味)」。
「海辺の町」でアマチュアとして活動していたが、レンの脱退で活動停止。

その後、上京したナナを追ってノブが合流、ベーシストとして新たにシンが加入した事に加え、ヤスも再びドラムでの参加を決意し、新生ブラストとして活動を再開する。ナナとレンの熱愛が報道された事もあり、一気にメジャーデビューまで登りつめる。現在はトラネスに劣らない大人気バンドになったが、マスコミなどへの露出や曲調の変化などが原因でアマチュア時代からのファンが急激に離れてしまう。

2001年の賞レースを総なめにし、「赤白歌合戦」にも出場し、翌2002年には初の大都市での全国ツアーも予定されていたが、公演直前(初回公演の当日)にシンの不祥事でツアーは全公演中止となり、活動休止に追い込まれてしまう。

所属事務所は四海コーポレーション、レコード会社はガイアレコード。

高木泰士(たかぎ やすし)

初登場21歳。現時点で23~24歳。4月生まれらしい。身長:185cm、体重:72kg。血液型:A型。

ブラストのリーダーで、ドラムス担当。
ナナの保護者代わりでもある。通称やっさん、ヤス、ハゲ[2]。

スキンヘッドにサングラスという凄みを感じさせる容貌とは裏腹に、非常に懐が深い性格で周囲からの信頼も厚い。自分が心を許した相手を非常に大切にし、自分と相手との関係性には拘らない。またグループ内で年長であり、常に冷静な状況判断をする。

幼くして交通事故により両親をなくし、児童養護施設に預けられる。レンとは同じ施設で育った兄弟のような仲。小学3年生の時に子供のいない高木夫婦に引き取られ、(表向きは)品行方正に育つ。中学時代には生徒会長を務めており、タクミとナオキは同級生だった。また地元の国立大学法学部在学中に司法試験に合格した秀才でもあり、卒業からメジャーデビューまでは弁護士事務所に勤務していた。しかし、司法修習を受けていない為、事務のみ担当していたらしい。高校時代からしばらくレイラと交際していたが、のちに破局している。

愛煙しているタバコは「BlackStone Cherry[3]」。

趣味は麻雀。好きな酒は純米酒、洋酒ならバーボン(ちなみに、作者と同じということである)。

賭けが好きで、ナナ達の事をネタに、シンとよく万札を賭けて勝負したりしている。使っているパソコンはPowerBook G3。

寺島伸夫(てらしま のぶお)

初登場18歳。現時点で21歳。
1981年1月23日生まれ。身長:167cm、体重:52kg。星座:水瓶座。血液型:A型。

ブラストのギタリスト、作曲担当。通称ノブ、ノブ夫、おぼっちゃま。

人懐っこく騒がしい性格で、奈々とは気が合う。見た目に寄らず真面目で酒に弱く、酔うとかなり口が軽くなる体質。

旅館を経営する裕福な家庭の一人息子として生まれ、何不自由なく育つ。

未来のシーンではなんらかの事情で故郷に戻り、実家の旅館を手伝っている(18巻より)。

中学校に入ってすぐ、当時3年生だったレンの演奏に感銘を受けて軽音部に入部。

父親から純正ギブソンのギターを買ってもらったが、バンド活動に熱中しすぎて勉強をおろそかにしすぎたため、激怒した父親からギターを没収されてしまう。しかし、この一件が、よりノブをバンド活動に熱中させていくことになった。

高校入学と同時にナナと出会い、孤独に生きてきた彼女の生涯初の親友となる。そして、ナナとレンが出会うきっかけを作ることになる。

ナナが上京した数日後、「ナナの後ろでギターさえ弾ければそれだけで幸せ」と言って上京してくる。

その時初めて出会った奈々とはのちに交際することになるが、奈々が妊娠したことを知ると、タクミとの二股を疑い、別れることになる。このことは、奈々が一番辛い時に逃げてしまったと後悔している。メジャーデビュー後は百合と付き合っている。

16巻では特別版である『NOBU』が読み切りで発表され、幼いころにはボーイスカウトに入団していた事や、かなり惚れっぽい性格であった事などが描かれている。初恋は4歳の時で、相手は実家の旅館で働いていたユミちゃん〈当時20歳〉。

かなり純情だが、誘惑してきた香坂百合には鼻血を出しながらも、「百戦錬磨のような器用な指」と絶賛された。美雨に惚れそうになるが、年上だと知って瞬時にあきらめた。

岡崎真一(おかざき しんいち)

3巻初登場から12巻まで15歳(当初は兄のプロフィールを利用し18歳と偽っていた)。現時点で16歳。
1985年11月1日生まれ。
身長:169cm、体重:52kg、星座:蠍座。血液型:AB型。

ブラストのベーシスト。通称シン。
自分の容姿が純粋な日本人とは違っている事をずっと不思議に思っていたが、詳しい事は自分自身も分かっていない。クールで大人びた雰囲気の一方、子供っぽい一面も。兄が1人いる(1月25日生まれ)。レンに憧れているせいか、ベースの弾き方はレンに酷似している。

レイラや凌子によると生まれ育った故郷はスウェーデン(17巻で判明)。母親はシンが生まれてまもなく自殺して亡くなり、父からは邪険な扱いを受けるなど複雑な家庭に育つ。

バンド仲間で酒や麻雀が1番強い。愛用の煙草はヤスと同じく「BlackStone Cherry」。

家出したのち、凌子に拾われてからはその美貌を武器に美少年好きの女性に体を売って生計を立てていた(プロデビューが決まってからは止めている)。

1 2 3 4