1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アルジェリア人質事件生存者があきらかにした緊迫の脱出状況

多数の犠牲者を出したアルジェリア人質事件。その現場にいながらも襲撃を逃れ脱出した生存者の方が、当時の緊迫した脱出の状況をあきらかに。生死を分けた脱出劇はどのようなものだったのか?

更新日: 2013年01月25日

40 お気に入り 125265 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gogh555さん

アルジェリア人質事件、犠牲者と生存者が政府専用機で帰国

アルジェリアの人質事件で、救出された7人と9人の犠牲者の遺体が25日朝、政府専用機で帰国

政府専用機で帰国した7人の生存者は、羽田到着後、車で移動し、午前7時半ごろ、神奈川・横浜市西区の日揮本社に到着

この生存者の一人が現地での襲撃と脱出の様子を語る

「日揮」の広報担当者が記者会見し、無事が確認された駐在員のうち1人から聞き取った当時の状況について説明

日揮によると、証言したのは事件後に最初に無事を確認できた日本人男性3人のうちの1人

会見する日揮の広報・IR部長の遠藤穀氏

あかされた緊迫の現地状況

「1月16日5時40分ごろ、日揮キャンプの自室の中にいたところで、サイレンが鳴り、何か起きたと思った」

「非常事態を知らせるサイレンが鳴り響き、居住区の自室にいた男性がドアを開けると、「ステイ、ルーム」と声をかけられた」

「サイレンが鳴り、何か起きたと思った。その後、外から銃声がかなり聞こえてきたが、自分の目では見てはいない」

「6時半から8時ごろ、近くの部屋と思われるところで、『OPEN THE DOOR』という声が聞こえ、銃声も聞こえた」

「午前9時ごろ、上空からヘリコプターの音が聞こえ「アルジェリア軍が助けに来た」と思ったが、部屋に潜み続けた」

「17日午前9時45分ごろ、部屋の小窓から外をのぞくと、日揮のアルジェリア人スタッフ数人の姿が見え、「安全担当のスタッフが部屋に行くからそれまで待て」と言われた」

居住区の部屋の様子

「現地のスタッフがドアをノックしてきて『必要最低限の荷物を持ち顔を隠すように』と言われ、外に逃げてかくまってもらった」

「頭にはターバンのようなものを巻かれ、ほかのアルジェリア人スタッフからは、ネックウオーマーで顔を隠すように言われた」

「アルジェリア人スタッフが、自分を取り囲むようにして、キャンプの外に出て、建設工事の下請けの会社のキャンプに逃げ込んで、かくまってもらった」

ガス田施設で、建物の壁近くに座らされた人質らの映像

「その後、近くまで警察の車が来てくれたので、そこまで200メートルぐらい走っていって乗り込んだ」

ガス田施設で、手を上げる人質らの映像

「17日15時ごろ、同僚の日本人駐在員が、車に乗っているのを見つけ、そこから同僚と一緒になって行動した」

「その後、イナメナスタウンの警察署まで移動し、そこから日本にいる自分の家族に無事を連絡した」

1 2