アスパルテームの大部分を構成するフェニルアラニンとアスパラギン酸は、自然の食物の中にも存在するアミノ酸ですが、単体で摂取すると両方とも脳細胞(ニューロン)を興奮させすぎて死に至らしめる興奮性毒であることが判明しているのです。

出典疑惑の甘味料”アスパルテーム”

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

メタボ・肥満を招く、栄養士が絶対に口にしないダイエットコーラの本当の理由・・・アステルパームの危険性

糖尿病やメタボ対策、肥満防止のためにカロリーゼロのダイエットコーラを選ぶことは、最良の方法ではないのかも知れません。

このまとめを見る