1. まとめトップ

週刊GreenPost 59号 2013/2/4-8日版 しなやかな技術研究会

再生可能エネルギーニュース - ”しなやかな技術”に関する情報収集および発信----- GreenPost -Heuristic Life- 発見的生活の提案 編集・発行 しなやかな技術研究会  http://greenpost.jimdo.com/

更新日: 2013年02月14日

greenpostさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 9239 view
お気に入り追加

[次号 週刊GreenPost 60号 2013/2/12-15日版 しなやかな技術研究会]
http://matome.naver.jp/odai/2135976321690422201

p1 [ココ] ■今週のGreenPostの記事 ■おすすめエントリー(GreenPostの過去の記事から)
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001

p2 ■ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001?page=2
p3 - ニュース&トピックス  
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001?page=3
p4 - ニュース&トピックス
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001?page=4
p5 ●気になる話題
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001?page=5
p6 - 気になる話題
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001?page=6
p7 ●気になるツィート 
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001?&page=7
p8 ■気になるまとめ ●Twilog
http://matome.naver.jp/odai/2135917589357003001?page=8

[バックナンバー]
しなやかな技術研究会 まとめ* Index*
http://goo.gl/1DyMl

[前号 週刊GreenPost 58号 2013/1/28-2/1日版 しなやかな技術研究会]
http://matome.naver.jp/odai/2135866985771201501

Twitter GreenPost
https://twitter.com/greenpost
----------------------------
注:右のカラムに表示される「関連商品」や広告は、GreenPostが選んだものではありません。商品のクレームやお問い合わせは、Naverまとめ事務局にお願いします。運営会社への連絡先は、巻末にあります。

■今週のGreenPostの記事

横浜のアネスト岩田は、温泉水や工場排水で利用できる 5.5kW「超」小型バイナリ―発電装置を開発。この小型バイナリ―発電装置は、100℃未満の低温温水から発電可能で、送電端最大出力 5.5kW モデルの場合 190L/minで稼動、非常に小型で軽量(おおよそ1.3*1.3*H 1.64m,850kg)です。

-----image : プレスリリース / アネスト岩田、2013.01.21より
http://www.anest-iwata.co.jp/
”仕様(5.5kW 試作機)
送電端最大出力 5.5kW
方式 オーガニックランキンサイクル *1
作動媒体 HFC245fa *2
発電機型式 永久磁石式 三相交流
概略寸法 幅 1.3m 奥行 1.3m 高さ 1.64m
概略重量 850kg”

帝人グループのテイジン・アラミドB.Vは、ライス大学との共同研究により、金属ワイヤーと同等の電気伝導性、および金属ワイヤーを凌駕し、グラファイト繊維に匹敵する熱伝導性(いずれも同重量比)を実現する、カーボン・ナノチューブ(CNT) 100%の高強度繊維を開発しました。

- 電気を流し、熱伝導性も高く、しなやかな糸として、織物として高度な機能を発揮するカーボン・ナノチューブ(CNT) 100%の高強度繊維。あとは、作り手、デザイナーの創造力を待つだけ?

出光興産、土佐電気鉄道、高知県森林組合連合会は、新会社となる土佐グリーンパワーを設立し木質バイオマス発電事業を開始すると発表しました。高知市の木材団地内に発電出力5,000kWの未利用材の破砕・乾燥工程を含んだ、日本初の一体型発電所を建設する計画です。

東京都が進めてきた官民連携インフラファンド事業の太陽光発電に関する、第1号案件として、熊本県の8MWpの芦北メガソーラープロジェクトが決まったと発表がありました。
一方、熊本県では、22件合計容量にして、78.919MWpのメガソーラー計画が進行中です。自治体の取り組みも多様化してきました。

米国風力協会(AWEA)は、2012年度の全体の実績を含む、報告書、Wind Industry Fourth Quarter 2012 Market Reportを公開しました。
 2012年度のアメリカ合衆国の風力発電の導入実績は、13,124 MWで、単年度としては最大の実績となったとのことです。累積では地道に積み上げ、60GWに達しました。

-----image :「Executive Summary of the AWEA U.S Wind Industry Fourth Quarter 2012 Market Report」からU.S. Wind Power Capacity Growth
http://www.awea.org/learnabout/publications/reports/AWEA-US-Wind-Industry-Market-Reports.cfm

----------------------------

■今週のブログメモ

#徳島 県、メガソーラー施設と電気自動車で災害時に電気を避難所へ届ける実証実験を開始-----自然エネルギー(2013年1月18日) greenpost.way-nifty.com/k/2013/02/post… #renewjapan #renewsolar #pv #ev #renewbattery

■おすすめエントリー(GreenPostの過去の記事から)

第1回[国際] 風力発電展 ~WIND EXPO 2013~ 第6回[国際] 太陽電池展~PV EXPO 2013~ 第4回太陽光発電システム 施工展 第4回[国際] 二次電池展~バッテリー ジャパン~ 第3回エコハウス&エコビルディング EXPO 第9回[国際] 水素・燃料電池展~FC EXPO 2013~ 第3回[国際] スマートグリッドEXPO 第4回[量産][試作] 加工技術展 ~エネテック ジャパン~

千葉大学のチームは、2014年 6月にフランスのベルサイユで開催されるソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2014フランス大会への出場が決まりました。

参考エントリー
・ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012のすべて
http://matome.naver.jp/odai/2133584986766799801

沖縄県久米島町は、海洋深層水複合利用を行い。その中で、海洋温度差発電の実証実験に取り組むことが発表されました。実証プラントの規模は100kW前後で、2013年3月までに稼働させる予定です。

設置工事が進んでいます。続報を待っております!

神戸製鋼所が国内初の小型温泉発電システム(バイナリー発電システム)として、大分県由布市の庄屋の館より受注したバイナリー発電システムは、最大70kWの「マイクロバイナリー MB-70H」。70℃~95℃の温水を使用する出力100kW以下クラスの小型バイナリー発電システムとしては、国内初となるものだということです。

----------------------------

1 2 3 4 5 6 7 8





自然エネルギーに関心があります。次代を担う、暮らし方を支える技術についての情報収集ならびに発信を行っています。



  • 話題の動画をまとめよう